島本真衣スピード離婚の原因はモラハラかすれ違い?性格や出会いは?

島本真衣1

 

アナウンサーの島本真衣さんと、
自民党の小倉議員が離婚とのことで、
大きな話題を呼んでいます!

2013年11月に結婚したばかりの2人ですが、
離婚原因は何なのでしょうか?

また、二人の出会いはどのようなものだったのでしょうか。
気になるので、しらべてみることにしました!

 

sponsored link

島本真衣はこんな人!

島本真衣2

 

島本真衣さんについて、
基本プロフィールを調べてみました!

名前    :島本 真衣
よみかた  :しまもと まい

生年月日  :1983年 12月11日
年齢    :31歳(2015年 5月現在)

身長    :159cm
血液型   :O型

出身地   :兵庫県
出身大学  :学習院大学文学部

趣味    :音楽鑑賞、バッティングセンターに行くこと!

 

元プロ野球選手、島本講平の娘として生まれた真衣さん。
その叔父さんも、元プロの島本啓太郎選手。

スポーツ一家って凄いですね。

真衣さんも、お父様の血を継いだのか、
はたまた幼い頃から慣れ親しんでいたのか、
趣味はバッティングセンターに行くことだそうです!

バッティングセンターって行ったことないのですが、
中では何が起こっているのか、とても興味があります!

きっと、日頃のストレスを発散するため、
ボールを真っ二つにするような勢いで
みんながすごい形相でバットを振りまくっているんじゃないかと思います!

怖い!!

 

大学卒業後に就職したテレビ朝日でも、
甲子園のレポートを担当していた島本さん。

島本真衣4

子供の頃からプロ選手達との交流もあったでしょうし、
まさにはまり役、というところだったでしょうね!

スポーツ選手と結婚したほうが
彼女には合っていたんじゃないでしょうか?

 

島本真衣の性格は?

島本真衣3

 

同じくTV朝日のアナウンサーである古澤琢さんからは、
『天然』と指摘されている島本さんw

「ロンドンハーツ」にて
ブラックマヨネーズ 小杉の女癖について毒舌言及したことで、
一気に毒舌キャラも確立しましたね!

ブログを見ると、さすがアナウンサーだけあって、
しっかりとした文章に効果的な写真配置がされているなど、
読みやすい記事がたくさん。

几帳面な性格であることが伺えます。

※もっとも、そうでなければ
TV局のアナウンサーとして就職なんてできませんよねw

長所は、自由奔放で思い切りがいいこと、としている島本さん。
今回の決断も、勇気が必要だったでしょうが、

思い切って決めたことなのかな?と思います!

離婚は、結婚の10倍力が必要で、覚悟が必要で、
10倍疲れることです。

私も、もう二度としたくありません。。。w

 

元夫 小倉さんとの出会いは?

野球に縁があるので、野球選手と結婚するのかな?と
思っていたのですが、

2013年に自民党所属 国会議員の小倉さん
ご結婚されましたね。

小倉1

オックスフォード大学出身、
日本銀行に務めた経験のある
若手の議員さんだそうです!

 

今回は、残念ながら離婚の発表となりましたが
その出会いはどんなものだったのでしょうか?

二人の出会いのきっかけは知人の紹介とのこと。
スポーツ一家出身の島本さんと、
ダイビングやジョギングが趣味の小倉さんは
すぐに意気投合したのだとか。

ただし、最初の頃から、
島本さんが議員の旦那様を支えるため
TV朝日を退職する可能性などが指摘されていましたね。。。

議員と人気アナウンサーの両立は
やはり難しかったのかもしれませんね。

そんなことを言いつつ、
なんでも楽しくできることなら
ホントは両立出来たはずなんです。

お菓子食べながらコーラの両立なんて出来ない!
なんてありえないでしょ?

旦那様との暮らしを楽しく思えないなら
それはもう、ちょっとダメな傾向だと思います。

残念ながら。

 

sponsored link

離婚の原因はモラハラ?すれ違い?

島本真衣5

 

2013年末に結婚し、
2015年4月には離婚を発表した島本さん。

およそ一年半の結婚生活ですが、
離婚原因は何だったのでしょうか?

元夫の小倉さんのコメントに、
下記のような一文がありました。

ひとえに私の不徳の致すところであり・・・

小倉さんは自民党所属の国会議員、
議員といえば、奥様も協力して政治活動を行ったり、
全面的なバックアップが求められることと思います。

島本アナは、結婚しても家庭に入ることなく、
それまでと同じようにTVで活躍していたため、
すれ違うことが多かったのでは無いでしょうか。

『モラハラ』という言葉が囁かれることもあったそうですが、
自分の仕事にもっと協力してほしいという要望が、
女性の仕事を妨害する「モラハラ」に
つながってしまったのだとしたら、

とても悲しいことだと思います。

 

今回は残念な結果になってしまいましたが、
次は幸せなご結婚をされることを
心から応援しています!

そして、願わくば
私もあとに続きたいです!!



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ