キャビテーションはリバウンドなしで効果大?痛みや熱さはある?

キャビテーション1

ゴルデンウィークもおわり、これから夏本番に向けて
やっぱりきになるダイエット!

その中でも注目なのが

キャビテーションでの脂肪破砕!

『メスの要らない脂肪吸引』ってよく言われますが
痛かったり、熱かったりするのでしょうか?

また、その効果はどれくらいあるのでしょうか?

調べてまとめてみます!

 

sponsored link

キャビテーションって何?

キャビテーションは、『メスの要らない脂肪吸引』と言われますが
実際の所何なのでしょうか?

wikipediaによるとこのような説明になっています

キャビテーション(英: cavitation)は、
液体の流れの中で圧力差により短時間に
泡の発生と消滅が起きる物理現象である。
空洞現象とも言われる。

これじゃちょっとわかりませんね・・・

ダイエットなどで使用される、エステのキャビテーションは
超音波で脂肪細胞を破砕してしまう装置です!

すでにある脂肪細胞を一旦破砕するので、
同時に食生活を改善して脂肪がつかないようにしておけば
スリムな体型を維持することができる、というのが
キャビテーションの売り文句です!

 

キャビテーションは痛い?熱い?

『メスの要らない脂肪吸引』といっても
キャビテーションってとっても痛いんじゃないでしょうか?

超音波で脂肪を破砕、なんていうので
後々すごい後遺症が出てきたりするんじゃ。。。

ひょっとして、すごく熱かったりするのでしょうか?

心配されている方も多いと思いますが、
キャビテーションは痛くありませんw

また、とんでもなく熱くもないですw

光脱毛は痛くなさそうな名前なのに
痛かったり熱かったりもするので皮肉ですねw

超音波でビリビリ震えたりするのかな?って
受ける前は私も考えていたのですが
そんなこともありませんw

脂肪の多い部分に器具を当てると
『ピピピピピピピ』と音が聞こえるくらいですw

なんだか脳に直接語りかけられるような変な感じですがw
もちろん音波が響いているだけなので問題ありません。

使用する機器によってはこの音もしないのではないでしょうか?

 

sponsored link

キャビテーションに効果はある?

では、本当にキャビテーションに
効果はあるのでしょうか?

宣伝ではないのですが、効果はあります!

少なくとも、私の場合はありました。

私が行ったのは

クリニカルエステ イーズ

というお店だったのですが

3000円の体験コースでパツパツだったパンツが
スルッと履けるようになり

一ヶ月でマイナス3キロ、マイナス3cmのキャンペーンで
5キロ位減りました!
※費用は30000円で、成功時に3万円分の
エステチケットがもらえる贅沢コースでしたw

その後も順調に減量を続け。。。

52kgあった体重は今40kg前後です!

とはいえ、向き不向きがあるので
まずは各エステの体験コースを
いろいろためしてみるのがいいかもですねw

 

キャビテーション体験の予約は?

おそらく、全国のエステでキャビテーションの
体験ができると思いますが

おすすめはやっぱり前述のイーズです。

根拠は、自分にとってすごく効果があり、
リバウンドが全く無かったからです!

ほかにも、有名どころだと
【ラ・パルレ】

などで、80分6000円で体験ができるそうです。

正直、キャビテーションは体験だけでも
効果がある人にはあるのでとってもおすすめ!

体験コースはしごなんかもいいかもですw

 

自宅で使用する器具は効果がある?

エステですっかりスリムになり、気を良くした私は
自宅でも母や妹に同じように体験させようと、

エステで売っていたこんな器具を買いました。

 

セルボーテ、という器具です。結構高い。
7万円くらい?

本当はエステに連れて行きたかったけど
実家のある地域が遠いので、エステおすすめの機器を買ったのでした。

ラジオ派などの効果も同時に付与することができるので
自宅での使用にはおすすめってことらしいです。

さて、実際に実家に持参して使用してみると、
この機械だと、『ピピピピピピ』っていう響く音が聞こえませんw

実家では、あんまり使われてないようです。。。
高かったのに、残念orz

あんまりおすすめじゃないですw

 

女の子は、いつでもいくつになっても
ずっと若く綺麗でスタイルよくなりたいもの!

この情報がちょっとでも役に立つと
とてもうれしいです♪



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ