リオオリンピック開会式の演出は!聖火はどんなもの?

先ほど、リオオリンピックの開会式が終わりました!

今回は、何日か前から注目してみていたのですが、
さすが開会式は違いますね。。。

注目の演出や、聖火の様子についてなど
簡単にまとめてみたいと思います!

sponsored link

開会式のテーマは「環境」

リオオリンピック開会式のテーマは、

「環境」!

各国の選手が、
入場の際に銀色の箱に種を植えていくのですが…
※↓の黒い突起の中に、種を一つずつ植えていきます!

種の箱

この箱が選手入場の後に会場の中央に集められ、
五輪の形に並べられると…

緑の五輪2

一つ一つの箱から花が咲いて
大きな緑色の5輪マークに!

緑の五輪

さらに、5輪の周りで花火が上がって

花火

もっと大きな五輪が現れました!

種を植えていっているのを見たときは、
会期終了の2週間後には

植えた種からある程度発芽している
閉会式に向けた演出かと思ったのですが、

これはこれで意表を突かれました!

リハーサル映像でも公開されていた
カラフルなサンバダンサーの行進もあり、

サンバダンサー

客席も選手たちも大盛り上がり!

まさに陽気なラテンの国、
ブラジルだけある開会式です!

sponsored link

聖火の演出について!

オリンピック開会式といえば、
やっぱり注目は聖火!

リオオリンピックでの聖火は
どんなものになるのでしょうか?

聖火は、まず丸い聖火台に点火されます!

聖火1

すると、その球が上へ持ち上げられていき、

聖火2

空へと向かって上がると

聖火3

後ろから、鏡のように反射する
たくさんの飾りがついた彫刻が現れ、

聖火を取り囲みます!

聖火は、彫刻に反射して
他の大会よりも小さな火で

会場を大きく、明るく照らしています!

聖火

テーマ、「環境」に配慮した、
CO2を減らすためのデザインなのだとか!

なるほど、確かにそうですね…。

過去の、ソウル5輪では、
聖火で鳩が焼けちゃったりした事件もありましたが

ソウルの聖火

これはないですよねw

 

今回は、初の難民選手団の結成や
南米大陸初のオリンピックということで

ブラジルでも相当気合が入っていると思います!

これからの競技やその結果についても
しっかり注目してみていきたいです!



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ