はしのえみが不妊を乗り越え妊娠!子供の性別や出産予定日はいつ?

はしのえみ1

女優 はしのえみさんが
妊娠を発表して話題になっています!

去年、18年間出演していた
『王様のブランチ』を降板したはしのえみさんですが、

めでたく妊娠が分かったようで
とても喜ばしいニュースだとおもいます!

気になるはしのさんについて、
お子様の性別や予定日など調べて書いてみることにしました!

 

sponsored link

はしのえみさんのプロフィール

はしのえみ2

名前    :はしの えみ
本名    :綱島 恵美(旧姓:橋野)

生年月日  :1973年 10月23日
年齢    :41歳

身長    :155cm

出身地   :鹿児島県鹿児島市

趣味    :料理、絵本収集

 

鹿児島出身のはしのさん。
デビュー前、高校一年次を終了時に単身上京し、
欽ちゃん劇団に入ったという凄い経歴です!

はしのえみ-昔

この写真は、代々木公園でおかあさんと撮ったらしいですが、
昔から素顔も可愛かったんですね。。。

 

長らく独身女優として活動していましたが、
2006年に出演したドラマ「みこん六姉妹」での共演をきっかけに
俳優 綱島郷太郎さんと結婚。

綱島郷太郎

このドラマの中でも、婚約者同士を演じていましたね!

また、1996年から18年間、
『王様のブランチ』にてブランチレポーターを務めていたこともあり、
趣味が料理というはしのさん。

すごく良いお母さんになりそうです。。。

ところで、芸能人や著名人が
40歳を超えて出産するのがとても多くなってます。

私も、34歳バツイチ、ロマンスの匂いもない状況で
なんとかこの一生で子どもを持てたらいいなーなんて
いつも考えているのですが

勇気の出る話題を提供してもらえて
ほんとにすごくうれしいです!

 

はしのえみと不妊治療?

はしのえみ-劣化

はしのえみさんが『王様のブランチ』を降板されたのが、
昨年の3月。

その後、時々TVなどに出演される際に
顔が変わっていたことなどから
不妊治療の投薬の影響ではないか?などと言われていました。

調べてみると、「不妊」とは
「結婚後12ヶ月以上、避妊を行っていないのに妊娠に至れない状態」
だそうです。

結構たくさん居るとおもいますがね。。。

はしのさんは、お医者さんからも
「子供ができにくい」との指摘を受けていたそうです。

とはいえ、35歳を過ぎると自然妊娠の確率は極端に下がるもの。
結婚当時すでに34歳だったはしのさんですので、
最初から不妊の可能性はあったのではないかと思います。

昨年の番組降板の時点で40歳と、高齢の域に入っていましたので、
ホルモン治療をされていた可能性は充分に有りますね。

ただし、

「お医者さんにはさらりと”妊娠しています”といわれた」そうなので、
今回の妊娠は不妊治療の結果では無いのかもしれません。

長期間に渡り体外受精などの高度生殖医療を受けていた方々が、
やめた途端に自然妊娠するケースはままあるそうなので、

ひょっとしたら、続けていた不妊治療をおやすみして
ストレスからの解放で妊娠したパターンなのかもしれませんね!

 

sponsored link

 

お子様の性別は?

はしのえみ-姫

 

はしのえみさんのお子様は、

男の子なのでしょうか、
それとも、女の子なのでしょうか。

調べてみたところ、どうも女の子みたいですね。

女の子はお父さんに似ると言いますので、
旦那様の綱島さん似になるのでしょうか。

とは言え、世の中にはお母さんそっくりの女の子も多いですよね。

どちらに似ても、恵まれた容姿になりそうです!

 

出産予定日はいつ?

はしのえみ3

妊娠を発表したばかりのはしのさんですが、
お子様の出産予定日はいつなのでしょうか?

取材記事によると、
妊娠の発覚が今年1月とのこと。

不妊治療をしていたのだとしたら
頻繁にお医者さまで検査しているはずなので、
3ヶ月まで気付かなかった・・・ということは無いと想定されます。

1月の時点ですでに4~6週と考えると、

出産予定日は遅くても9月~10月となりそうです!

41歳での出産ですので、
体調管理も万全にされると思います。

まだ胎動はないそうなのですが、
胎動を感じ始めるときっと楽しみになるのでしょうね!

 

最近では珍しくない、40代での初産ですが、
それでも子供の欲しい女性には夢を与えてくれるもの。

可愛い女の子の誕生を、私も期待しています!



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ