台風10号(2016)がUターン進路?上陸予想日や規模について!

今年8月は、ほんとに台風が多く、
3つ連続で来たりして大変です。

台風が多いと、本州では熊の食べ物
木の実が地面に落ちてしまうので
クマが多く人里に降りてくるのも心配です。。。

今気になるのは、3連続で発生した最後の台風、
台風10号。

8/25時点の最新情報をまとめましたので
参考にしてください!

sponsored link

2016年 台風10号の進路は?

8/19の、台風発生時には
本州右側にいた台風。

台風10号2

これが、23日には南西へ移動し、
沖縄あたりに停滞していました。

台風10号

25日現在、台風は本州半ばの西側にいます。

台風10号

沖縄あたりでずっと滞留している台風10号
不気味ですね・・・。

30日には本州を直撃する見込みになっています。

まだまだ沖縄に滞留して勢力を強める
可能性もありますが、

規模が大きくならないうちに早く通過してほしいです。

台風の規模はどれくらい?

現在の時点で、台風の気圧は945hPa

風速は45mとなっており、

非常に強い台風になっています。

台風の強さの階級については、こんな感じです。

階級 最大風速
強い 33m/s(64ノット)以上~
44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上~
54m/s(105ノット)未満
猛烈な 54m/s(105ノット)以上

 

前回の台風9号で”強い”台風でしたが、
今回の10号は非常に強い”台風です。

沖縄でさらに発達して
”猛烈な”台風になる可能性もあるので
充分な警戒が必要です。

sponsored link

台風のUターンについて

今回、非常に珍しいパターンで、
台風がUターンして沖縄にとどまっています。

今月19日に、八丈島の東で発生した台風は
21日まで、日本の南を西に進行。

その後、少し南寄りに進路を変え、
今週に入って、日本の南で停滞しています。

これが、再び進路を変えてUターンし、
本州に近づく予想となっています!

2016台風10号

似たような台風には、1964年8月に発生した
台風14号があります。

日本の西側で発生し、東に移動した台風は
沖縄で停滞して発達した後、

九州に上陸し甚大な被害をもたらしたとのこと。

その後、本州に上陸しています。

1964年台風14号

この時も被害は甚大だったのだとか。。。

出来れば、2006年9月のように、
日本をそれて曲がってほしいですね。

2006年9月の台風

このときは、悠仁親王のご誕生があり、
その瑞兆だ!と騒がれたのを今でも覚えていますw

旅行の予定がある方や、
お子様の夏休み明け初登校など、

充分に注意してくださいね!

 



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ