葉加瀬太郎はゲイ診断が得意?『情熱大陸』誕生秘話や学生時代に趣味は!

葉加瀬太郎1

マルコポロリに出演していた
葉加瀬太郎さんのお話があまりに面白すぎたのでw

記事にしてみることにしましたw

葉加瀬太郎さんって、イケメンではないのに
なんていうのかすごくかっこいいですよね・・・。

 

sponsored link

葉加瀬太郎のプロフィール

葉加瀬太郎2

名前    :葉加瀬 太郎
よみかた  :はかせ たろう

生年月日  :1968年 1月 23日
年齢    :47歳

身長    :178cm

出身地   :大阪市

趣味    :靴・スーツ
特技    :ゲイであるか、良い店かを見ぬくこと

葉加瀬太郎さんがバイオリンを始めたのは4歳。

情操教育の一環としてはじめた音楽教育ですが、
千里ニュータウンの団地にはピアノを搬入できないため
バイオリンを選択したのだそうです。

それがハマったのか、バイオリンに夢中になった葉加瀬さん。

10歳の時に両親にバイオリンをねだったそうですが、
そのバイオリンには150万円かかったそうです!

お父さんは「やめなさい」といったそうですが
お母さんは「やりなさい」と擁護したそうです!

お父さんはソムリエを育てる講師をされているとのことですが、
それでも会社社長のようには裕福でなかったでしょうから
なかなかの勇気が必要だったことと思います。

だって、バイオリンって本体がめっちゃ高いし、
練習だってとんでもない金額がかかりそう!

情操教育だったら、適当な電子ピアノ買ってきて
弾かせたらいいじゃん!ってどうしても思っちゃいますよね。

そこ行くと、お母さんの先見の明はすごかったんですね!

 

葉加瀬太郎さんの学生時代は?

葉加瀬太郎3

バイオリン大好きな少年として育った葉加瀬さん。

バイオリン教室で、
すべての学習行程を終えると
その教室の講師になれる、というコース
わずか10歳ですべて修了

バイオリンにしか興味がない少年時代を過ごした彼は、
遠足や文化祭などにもいかず
バイオリンの練習をしていたそうです。

何か一つ抜きん出ようと思ったら、
それくらい打ち込まないといけないのかもしれませんね。
葉加瀬さんのバイオリン大好き伝説はそれだけにとどまらず

当時流行っていた、クリアケース型の下敷きに
同級生がアイドルやアニメのイラストを入れている中
葉加瀬少年はバイオリンの写真を入れていたのだとか。
大学は、

東京藝術大学音楽学部器楽科 バイオリン専攻

へ進学した葉加瀬さん。

この専攻、全国で20人しか入れないのだとか。
それも、小さい頃からコンクールの常連という
全国でもすでに有名な方々が入るそうです。

これこそを、本物の「芸能」人と言うのかもしれませんね。

私立大学には富裕層の子弟が入るそうで、
国立大学には雑草が・・・と番組内ではおっしゃっていましたが、
150万円のバイオリンを子供に与えられるのは
充分富裕層では無いかとおもいますw

そんな葉加瀬さんが大学時代にショックを受けたのが、
SEX PISTOLSのライブを見たことだそうですw

小さい頃からクラシックしか聞いていなかった彼は、
たった5人に奏でられる大きな音に衝撃を受けたのだとか。

この辺が『軽』音楽の魅力なのかもしれません。

確かに、アンプがある音楽とない音楽では
全然違いますよねw

クライスラー&カンパニー時代
クラシックのファンを広げるという意味で歓迎されるかと思いきや
大学では煙たがられていたのだとかw

そんな物なのでしょうか・・・。

葉加瀬さんはこの頃から『大物』で、
スタッフに誰と共演したい?と聞かれ、

軽い気持ちで「セリーヌ・ディオン」と答えたら
本当に本人が来てしまうなどのエピソードがあったそうです。

これってまさに、引き寄せの法則じゃないですか?
オラ、わくわくしてくっぞ!

ここで意気投合した?二人。
葉加瀬さんはセリーヌさんの海外ツアーについていったそうなので
本当に縁って凄いですよね・・・。

 

葉加瀬太郎さんの趣味

葉加瀬太郎4

葉加瀬太郎さんの好きなモノは『ウイスキー・革靴・スーツ』とのこと。
イギリス式、イタリア式スーツの違いを語っていましたが、

腰が絞られたイタリア式を葉加瀬さんは着られるのでしょうか・・?
と言ってしまっては失礼ですね。

現在はロンドンにて家族と暮らしているそうなのですが、
ロンドンといえばスーツの本場!
イギリスはスコットランドも近く、ウイスキーの本場ですし
革靴へのこだわりも深そうな国なので

まさに趣味に没頭するには素晴らしい環境なのかもしれませんねw

 

sponsored link

『情熱大陸』フレーズの誕生秘話とは!

葉加瀬太郎6

あの有名な『情熱大陸』の
キャッチーなフレーズですが、

葉加瀬さんが同番組に出演した際、
番組プロデューサーから
「30秒でキャッチーなフレーズを作って」と言われ
引き受けたものであるとのこと。

ライブでよく演奏していた2曲の内、
1曲目のAメロと2曲めのBメロを組み合わせて
きっちり30秒になったのがあのテーマとのこと。

そんなわけで、一曲分の長さがなかった曲でしたが、
情熱大陸のテーマとして作曲することを要請されたのだとかw

今では、この曲を演奏しないと
コンサートが終わらないのだそうです。

 

葉加瀬太郎の特技は『見ぬくこと?』

葉加瀬太郎5

葉加瀬太郎さんの特技は、色々見ぬくこと?

実は、譜面を見ただけで、
その作曲家がゲイかどうか分かるのだそうです。

その見分け方は、
『ゲイの書く譜面は綺麗』であるとのこと!

ゲイであることを隠していた
チャイコフスキーやラヴェルの譜面は
とても綺麗なのだとか!

私は、創作文章を手で書くときには
思うまま殴り書きタイプですw

思考に手が追いつかなくて
文章が逃げてしまっては悔しいですもんね!

 

また、HPなどに掲載の写真を見るだけで
美味しい店かそうでないかがわかるそうです。

 

お父様の仕事「ソムリエ」も見ぬく仕事なので、
その血をしっかり引いているのかもしれませんね。

世界的な奏者であるにもかかわらず、
TVでお話をする姿はやっぱり関西人!

葉加瀬太郎7

 

クラシックはあまりわからないのですが、
一度是非生でコンサートを見てみたいですw



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ