佐々木蔵之介の結婚相手の条件三ヶ条は?好きな女性のファッションも!

蔵之介

TOKIOカケルで
佐々木蔵之介さんが結婚の条件について語りました!

最近発覚した彼女とはどうなのでしょうか?

そんな発言があったらなーと思って
なんとなくテレビを見た内容をまとめてみます!

 

sponsored link

佐々木蔵之介について

名前   :佐々木蔵之介
よみかた :ささき くらのすけ
本名   :佐々木 秀明(ひであき)

生年月日 :1968年2月4日
年齢   :48歳

身長   :182cm 

出身地  :京都府京都市
大学   :神戸大学農学部卒業

48歳、大人の魅力が素敵な蔵之介さん。

「ハンチョウ」での活躍とか、
ほんとにイケメンできゅんと来ちゃいました★

これで独身なんて嘘です!

40過ぎて独身の男性には、
何か理由があるのだ。。。と言いますが、

蔵之介さんの場合はお酒でしょうねw

それでもいい!とおっしゃる女性、
絶対多いと思いますが・・・w

連絡先の交換方法は?

芸能人との連絡先交換については、
自分からはここ数年間、
聞いたことがないそうです!

深田恭子さんの連絡先を知っている!と
ガッツポーズをするところが

ちょっとかわいかったですw

蔵之介さんの彼女について!

今年6月、薬剤師の彼女さんとの
デートがフライデーされた蔵之介さん!

薬剤師…私はある事情があって
ちょっと苦手な分野?ですw

彼女についての発言があるかな?と
注意してみていたのですが、

発言がなくてちょっとがっかりしました…。

かといってテレビでべらべらしゃべっちゃうのも
どうかと思いますがねw

なぜ実家を継がなかったの?

佐々木蔵之介さんの実家は、酒造メーカー。

実家が京都で、「佐々木酒造」という
酒蔵を営んでいます。

男三人兄弟、真ん中の蔵之介さんですが、

業績が下がってきたので、
家業を継がせたら可哀想 という思いから

お父さんからは「継げ」と言われたことはなかったそう。

洛南高校→東京農業大学農学部へ進学した蔵之介さん。

農業大学へ進学したのは
酒蔵を継ぐためだったのですが

結局は俳優の道を選んだ佐々木さん。

お父さんも、今では喜んでいるそうですが、
農業大学まで行って家業に備えた息子が

俳優になると聞いたときはショックだったでしょうね。

「蔵之介」という芸名に、
お父さんの酒蔵に対する思いが
込められているそうです。

大学のサークルで舞台デビューする際、
お父さんと話をしていて。。。

家に蔵もあるし、大石倉之助もあるし、
「蔵之介」にしろ、と芸名もつけてくれたそうです!

本当に素敵なお父さんですね。

sponsored link

どの系統のファッションが好き?

どの駅の女子が好き?という質問で、

日比谷と答えた蔵之介さん!

日比谷には由緒正しい大人の劇場が多く
ファッションも上品。

女性は、お芝居を見に行くとき、
着飾って美しくしていくので、

そういう女性のファッションは、
見ていて美しいから、だそうです。

銀座にも近く、

適度に露出しているけれど、
品のある感じが好きなのだろうと思います。

女性は足元を気にしていて、
歩きづらくても頑張っておしゃれするのが
すてきに見えるのだとか。

露出は少ないほうがどきっとする。
浴衣は、露出なんてほとんどないけど、
それでも浴衣を着ていると色気があるそうです!

男性の意見ってそうなんですね…。

 

結婚を決める三箇条は?

結婚を決める三箇条を聞かれて、
2個しか答えてくれなかった蔵之介さんw

その2つをまとめてみると…

①面白い女性

面白いことをやれる、一緒にいて面白い女性が

好きなのだそうです。

②お酒が飲める女性

仕事以外に大切なものを2つ挙げるとしたら?と言われ
お酒と家、と答えた蔵之介さん。

結婚の決め手もお酒でしょうか?

休みの日は朝から飲むそうで、
それを許容してくれる女性が良いそうです!

海外に行くときは、
朝からホテルにシャンパンが用意されているので、
それを飲んでしまうとのこと!

すると、観光にも行けなくなるので、
旅先でのんびり朝酒できない人は
ちょっとこまるのだとかw

でも、飲みに行ったときドライバーしてくれると
便利だなーって一瞬思ったでしょうねw

噂の、薬剤師の彼女なら、
蔵之介さんが飲みすぎても

酒を覚ます栄養素などを知っていそうなので安心ですね!

また、薬剤師は飲める子が結構多いと思います。

まさにぴったりの相性ですね!

48歳、イケメンぶりはなはだしい蔵之介さん。
幸せなニュースもそろそろ聞きたいです★

 



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ