ドット絵立体アートの作り方は?値段はいくらでどこで買える?

ファミコンの世界に入りたい!って
マリオやってて思ったことが何度もあります!

実際に中に入ったら、
すぐゲームオーバーになっちゃうかもですがw

今朝のめざましテレビで、
そんなマリオの世界から飛び出してきたような
立体ドット絵アートの特集をやってました!

この立体ドット絵アートについて、
どんなふうに作るのか?
値段は?どこで買える?など

簡単に調べてみました★

sponsored link


ドット絵アートについて!

ドット絵アートってどんなものなんでしょうか?

実物を見てみると…

ketle

こんな風な、不思議な立体感のある
すてきなケトル!

イラストに見えるけど、これは本物です!

本物じゃないや、立体です!

ノコノコ

また、こんな作品も!

これは懐かしい!
とってもほしくなってしまいます!

 

ドット絵アートの作者は?

ドット絵アートの作者はこの方

増田敏也さん

増田敏也さん。

小学校の頃にファミコンが出てきた世代ですね!

小学校の時に、ファミコンにすごい影響を受けたという
増田さん。

彼の作品の原点は、
もちろんファミリーコンピューター。

「頑張ってやってるあのCG感
デジタルなのに人間臭い。

この世界を、実際に触ってみたい」

ということで、ドット絵立体アートを
作るようになったのだとか!

ドット感を強調するため、陶芸で作るようになったそうで
増田さんの職業は”陶芸家”

ファミコンが大好きで、のめりこんだ結果
陶芸家になるってすごいですよねw

どのように作っている?

最近では、技術もだいぶ進歩して
いろんなものが簡単に作れる機械が
たくさん出てきましたよね。

だけど、増田さんは違います!

3Dプリンター、PC、機械を使わず、
すべて手作業で作っているとのこと!

陶芸家として、パーツを土で作り、
組み合わせて焼成、
色を付けてできあがるのが彼の作品!

実際の作成風景を見ると。。。

 

型紙を作り、線に沿ってナイフで切り出すと、
次は土の準備!

この土にもこだわりがあり、
練ったばかりではなく一日置いた、
少し硬くなった土を使用するのだとか!

生チョコ

これくらいの硬さになったら、
ドット感が良く出るのだそうです。

なるほど、確かに…。

この土をだいたいの形に切り出したら、
型紙を押し当て、跡をつけて
切り出していきます!

あとは、それぞれの形を組み合わせて
窯で焼き上げ、

色を付けたら完成!

結構時間がかかるんですね。。。

値段は?どこで買える?

この立体ドット絵アート、
どこかで買うことはできるのでしょうか?

非売品のような気もしましたが、
ちょっと気になって調べてみると。。。

販売しているサイトを見つけました!

Yokart art shop

売っていたのはこの作品!

aicon

増田さんの作品には
Low pixel CGという名称がついており、

この商品の名前は

「-POP ICON-Setoguro」

気になるのは価格ですが、
どれくらいするのでしょうか…

なんとびっくり、
31,500円とのこと!

すべて手作りの芸術作品なので、
このレベルの値段がつくのでしょうね!

ノコノコとか、買おうと思ったら
いくらするのでしょうか?

こうなると、ドット絵立体アートより

宇宙ガラスの方がほしくなってしまいますねw

宇宙ガラスの作り方動画は?購入方法や値段についても!

今年の夏休みは終わっちゃいましたが、
来年夏休みのお子様の工作に

レベルは落ちるかもしれませんが、
こんなのも楽しいと思います!

いかがでしょうか?

 



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ