iPhone7ジェットブラックの素材や強度は!傷つきやすくて曲がる?

前回携帯電話を変えてから
ちょうど2年間経ちました!

現在の機器の月賦も終わり、
新しい形態に買い替える時期になりましたが。。。

このタイミングでiPhoneが出てくるとは、
アンドロイド派の私にとっては
どうしても心が揺れますね…w

とはいえ、次に買うとしても
Xperiaにすると思いますがw

 

そこで、今回はiPhone6のときに言われていた

「簡単に曲がる」という欠点?が
iPhone7にもあるのか調べてみました!

sponsored link


ジェットブラックの強度は?

iphone7

iPhoneシリーズの素材はアルミ
つやつやしてて手触りも滑らかなので
あんまりアルミっぽい感じはしませんが、
アルミの上にコーティングを施して
つやつや感を出しているようです。

では、ジェットブラックの強度は
どれくらいなのでしょうか?

あれだけつやつやなので、
実はジェットブラックだけ
別素材なのかな?と思ったのですが。。。

同じ素材のアルミをピッカピカに研磨して
あの輝きを出しているようです!

ほかの筺体と強度は同じということになりますね!

sponsored link

iPhone7も曲がる?

iphone6

こんな風に、ちょっと力を入れただけで
簡単に曲がってしまったiPhone6

さらに、こんな画像も!

iphone6-bend

出典:gori.me

ダリバージョン!ということでしたが・・・。

これじゃ使用できませんよねw

では、果たしてiPhone7も
こんな風に曲がってしまうのでしょうか?

iPhone6が曲がりやすかったのは、
その素材が原因。

98.94%がアルミでできており、
その中でもアルミサッシに使われているようなものが主流。

もともと曲がりやすい素材だったんですね。

すでにiPhone6sの時点で、
曲がりやすい問題は解消されており、

筺体素材のアルミが、強度の高いものに変更され
簡単には曲がらなくなったのだとか!

ただし、この変更後のアルミ、
腐食には弱いのだとか…

そのためしっかりコーティングしてあるということですが、
それでも傷つきやすいのはしょうがないのかもしれないですね。

故障しやすい?

これまで、防水に対応していなかったiPhone

これが、防水防塵機能を充実させるため?

イヤフォンジャックをなくしたことが話題になりましたね。

さすがに、工夫はそれだけではないはず。

となると、密閉性が上がったのだろうな、と
考えられます。

そこで心配になるのが熱暴走。
どれくらい熱を逃すことができるのかが
一番気になります。

昔のArrowsレベルで熱くなって
電源が勝手に落ちてしまうことはないとしても。。。w

アプリの起動や動作に影響がある可能性が考えられます。

ジェットブラックの完売で悔しい思いを
した方がいらっしゃるかもしれませんが、

初回生産版を買わなくてよかったと思う日が
来るかもしれませんねw



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ