ピロリ菌三次除菌の費用は幾ら?成功率はどれくらい?

ピロリ菌1

ビールがおいしい季節ですね。
基、年中ビールはおいしいですよね。

そんな、飲ん兵衛のわたくしでございますが、
事情がございまして、しばらくまた
禁酒の日々に入ります。。。

というのも、ピロリ菌の2次除菌に
失敗してしまいまして。

自費での三次除菌のため、
本日新たにお薬を買ってきたところです!

この3次除菌、
もう健康保険が適用されません!

そのため、検査も薬も自費になるのですが。。。

その値段や詳細について、
私も気になって調べたりしたので、

自分の例を載せておこうと思います!

sponsored link


ピロリ菌3次除菌について

一次除菌で70%,
二次除菌で、ダメだった30%のうち
85%までが駆除成功するという、
ピロリ菌除菌。

ですので、二次除菌までのうちに
97%ほどが除菌成功となるようなのですが…。

そこでは除菌成功しない人も
まれにいるようです。

そうなると、3次除菌からは
健康保険が適用されないので、
自費で治療を受けることになります。

また、X次除菌で確実に成功します、
という保証はないので…

終わりのない戦いを続けることになりますorz

お医者さんは、自費治療になることもあり、
”無理に除菌する必要はありませんよ”と
言うこともあるのですが…

私は、三次除菌を選びました!

というのも、

胃癌になった身内がいるので
少しでもリスクは排除したいからです!

あとは・・・

”ここまで頑張ったんだ”って
何かあったときに自分が言えるか、ですね。

三次除菌の費用について

三次除菌の費用ですが、
私の場合、現在のところこれだけかかりました。

◆三次除菌の薬代:約12000円
◆検査費用:約8000円

合計、20000円くらいとなりますね。

ちなみに、処方された薬は

・タケキャブ錠 20mg
・フラジール内服錠 250mg

・グレースビット錠 50mg

でした!

ピロリ菌の除菌では、
胃酸を抑える薬と抗生物質を併用します!

二次除菌のときに使用したのが、
クラリスロマイシンではなく、
メトロニダゾールだったのですが、

この、抗生物質の部分は同じものです。

今回は、胃酸を抑える薬を変えて
再度除菌にトライするようですね。

なんでも、遺伝的に
二次除菌の胃薬が合わない方がいるのだとか。

私の場合、転勤で最初の除菌を行った
病院を離れてしまい、

2件目の病院では先生と合わずに
二次除菌の薬だけもらってさよなら。

3件目の病院が今なのですが、
ここでなんとか除菌成功したいところです。

三次除菌の成功率は?

こうなると、どうしても気になってくるのは
三次除菌の成功率!

気になって薬局に聞いてみたのですが。。。

三次除菌以降の、四次除菌までいった方は、
見たことがないとのことでした。

なので、おそらく3次除菌で成功するか、
それ以降は除菌をせず、
定期的なカメラで検査を続ける方が多いようです。

私の場合は一度、おそらくピロリ原因の
鳥肌胃炎を発症してしまっているので

”ピロリを駆除しても胃壁は元に戻らないし
ガンのリスクも残ります”

と言われてしまったので…

ちょっと迷ったのですが、
少しでもリスクを減らすために
私は受けてみることにしました。

薬をもらう時、成功率を上げるために

”除菌中はお酒を飲まない”
”タバコを吸わない”
”きちんと抗生物質を飲む”

という注意を受けるのですが、
これをちゃんと守っていても
失敗するときはするもの。

3次除菌以降は、
お医者さんの判断で薬を変えたり
いろいろ工夫をしながら
何次除菌までもできると思うので

どうしても気になる、私のようなw方は
とことんやってみるのもいいかもしれないですね。

何かの参考になれば、幸いです。



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ