イサキリョウさん事件(コロンビア携帯盗難)の手口は?動画や画像も!

コロンビア旅行中の20代男性、
イサキリョウさんが

盗難された携帯電話を取り返そうとして
撃たれて亡くなりました。

コロンビアって、まだまだ恐ろしいんだなって
思ったこの事件ですが、

なぜイサキさんは携帯電話を
取り返しに行ってしまったんでしょうか?

最近、テレビでよく似たシーンを見ていたので
頭に思い浮かんだ光景があったのですが、

コロンビアでの携帯盗難手口について
動画や画像を探してみました。

sponsored link

携帯電話の盗難について

『こんなところに日本人?』という番組で、
よく似たシーンを最近見ました。

この番組は、リポーターが世界中の辺境の村へ行って
そこで生活している日本人を訪ねるものなのですが、

まさに今回話題のコロンビアで
須賀健太さんが行った時のものだったのですが、

北部の町で、現地の若者に

コロンビア

こっちへおいで、と腕を引かれ…

コロンビア

現地の方に囲まれて、軽くダンスをし
楽しそうな様子の須賀君ですが、

コロンビア

このときに、携帯をポケットからスられてます!

コロンビア

誰がとったのか一目瞭然なので、
返してもらえるようにお願いしたのですが、

コロンビア

知らない、と言われて返してもらえず。

コロンビア

駅前で撮影していたところに
TVで撮っているにもかかわらず

何人かの集団が親し気に声をかけてきて、
肩をポンって叩かれたりしているうちに

携帯電話を取られてた、というシーンです。

動画も見つけたので貼っておきます。
※4分頃です。

そのとき、須賀健太さんはあっさり諦めていたので
大事には至らなかったんですが…。

この番組を、イサキさんも見ていたら
良かったのかもしれませんね。

携帯を取り返しに行ってしまったのは、
上の動画のように、

とっても親し気な雰囲気で
無害そうに近づいてきたからじゃないかな。

誰が取ったかもわかっているし、
取った後も逃げ出すわけじゃないから、

頼めば返してくれると思ったのかもしれません。

もっと恐ろし気に迫ってきてたら
おそらく取り返しになんかいかなかったでしょうね。

sponsored link

イサキさんについて

被害にあったイサキさんについては、

Ryo Isaki という名前と、
20代男性というところまでしかわかっていません。

現地の日本大使館によると、
事件の詳細が分かるまで
被害者についての情報は伏せられているそうです。

まだ、現地在住だったのか
旅行者だったのかもわかっていないとのこと。

もしも現地在住だったら
現地の所属施設などで

絶対に注意が実施されていると思いますので、

日本から、もしくは
周辺の比較的安全な国(アメリカなど)からの
旅行者だったのではないでしょうか。

今回、盗まれたのは
携帯電話とタブレット(iPadでしょうか?)とのことで、

撃った人は携帯電話をとった人とは
別の人だったそうです。

グループでの計画的な犯行ですね。

携帯もタブレットも
販売したって多くて数万円だと思いますが、

そのために人を撃ってもいいっていう
治安の悪さがとても怖いですね。

ここで、”日本人に携帯を取り返された”
なんてことになったら、

この取った人も現地での立場が
すごく悪くなったりするのかもですし

そういう理由で撃ってしまったのかもしれません。

すべての国がもっと治安が良くなると良いなって
どうしても思ってしまうニュースでした。



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ