生活保護ガンダムジャンパーの悪ふざけが酷いw値段や日本語訳も!

イエスキリストの時代には
徴税人ってひっどい嫌われようでしたが、

いまでも、年金事務所の方とか
税金関連の方とか

苦労なさってますよね。。。

知ってる方も、新卒で入った年金事務所
数か月でやめちゃったって言ってました。

生活保護の不正受給は
確かに許せないのですが、

それを取り締まる側だって
思い上がっちゃいけないですよね。

小田原市の職員が
過激なジャンパーを着用して
生活保護受給者の家庭訪問をした話題が
今朝から報道されてますが…

ジャンパーの値段とか
なんでそんなものを作ったのか、

元ネタの存在は?とか

簡単に調べてみました。

sponsored link

ジャンパーの値段は?

『保護なめんな』ジャンパーの値段って
一着いくらするんでしょうか?

税金で作ってたとしたら
本当に許せませんが…

小田原市の有志が自費で
作ったものらしいですね。

このジャンパーを着て、
生活保護受給者の家庭訪問をしたそうなので

そうとう性質悪いですよね。

一着の値段は、4400円だそうです!

生活保護ジャンパー

これまでに64着が購入されているそうなので、
281,600円の売り上げですね!

なかなか儲かってますw

英語部分の日本語訳は?

英語部分の日本語訳を
TVで紹介していたので、載せておきます!

背中の文章1

We are “the justice” and must be justice,
so we have to work for odawara.

Finding injustice of them, we chase them and
Punish injustice to accomplish the proper execution.

我々は正義であり、正義でなくてはならない。
そのため、小田原のため働かなくてはならない(?)

彼らの不正を見つけ、彼らを追って
適切な処罰を遂行するため不正を罰する。

背中の文章2

If they try to deceive us for gaining a profit
by injustice,
“WE DARE TO SAY, THEY ARE DREGS!”

彼らが不正のうちに利益を得ようとするのなら、
”あえて言おう、カスであると”

ガンダムですねw

ギレン将軍ですよね。

悪ふざけがひどい?

ガンダムのセリフパクリだけじゃなくて、
もう一個ひどい悪ふざけが

サッカーのエンブレムのパクリ。

リバプール

生活保護ジャンパーのスローガンは

『保護舐めんな』ですが、

リバプールのスローガンは、

”YOU’LL NEVER WALK ALONE”
“君はひとりじゃない”

となってます。

まさに正反対ですね。

これは、サッカーファンにボコられたって
おかしくないですよね。

発覚の経緯は?

発覚の経緯は、

第三者の方から、
『不適切な表現の文章が書かれたジャンパ―を
生活保護の担当職員が着用している』

という情報が入ったため、だとのこと。

このジャンパーが作られたのは、
平成19年のときに、

職員が生活保護を打ち切られた元受給者から
切り付けられる事件があり、

モチベーション低下を止め、
職員の連帯感を高めるために
作成したのだそうです。

連帯感を高めたかったら
鼠小僧やロビンフッドを気取って

不正に私腹を肥やすものから
必要なところへ金銭を還元する

そういうヒーローを目指してほしかったですね。

とはいえ、この話題は顰蹙を買ったとはいえ
被害者?は出ていないし

だいぶ笑わせてもらったのでw
それでいいんじゃないかと思いましたw



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ