タイムリープの方法まとめ!明晰夢のやり方やアファメーションは?

時計

『時をかける少女』や『君の名は』みたいに
過去や未来を行き来する作品が
ここ数年流行ってますよね。

過去に戻りたいと思ったことはありませんか?

私は、無駄に過ごしてしまった日曜の夜とか
金曜の夜に戻りたいって切望するのですがw

中学校くらいに戻って
良い高校、大学へ戻りたいって
お願いする方もいるみたいですね。

いろいろなまとめサイトを見て
おおむね一致していたいくつかのやり方について
書いてみたいと思います!

sponsored link

タイムリープとは?

過去に戻る方法を書く前に、
一つ明らかにしておきたいのが、

『過去に戻る』事の定義です。

まず、今回まとめた方法では、

①自分が生まれる前の過去には戻れない
②体を伴って過去に戻ることはできない

となります。

過去に戻るのは頭の中身だけで
その当時の自分の体に乗り移って
そこから再スタートを切る、という

意識だけがさかのぼる方法になります。

また、戻った先の過去については
自分が生きていた過去と異なる

パラレルワールドのようなものなのだそうです。

日本の情勢がまったく違ったり、
大災害や事故の日時、場所が変わったり、

家族仲などが変わっていたりと
体験談を読むと違いが出ているようです。

せっかく過去に戻れても
全く想定外の事態も起こり得るので
ある程度覚悟が必要ですね。

過去に戻れるのはなぜなのかというと、

◆自分が認識することで世界が存在する

という考えから、

◆どのようにでも世界を作り替えられる
◆好きな時点へ移動することができる

という理論が導き出されるからです。

引き寄せの法則、や
マネーゲームからの脱出を読むと

このあたりはもっと詳しくわかると思います。

sponsored link

過去に戻る方法は?

では、過去に戻る方法について
書いていきたいと思います。

夢の中へ入る方法

この方法では、毎晩眠る前に
戻りたい過去の時点を明確にイメージします。

しっかりと明確なイメージができたら
その時点を夢に見るようにします。

何度もその夢を見ている内に
夢の中の自分と一体化して
その時点に戻ることができるというのが
この方法です。

この方法で実際に過去に戻ったという
体験談もありますが、

案外、無意識に過去に戻っている人も
沢山いるのかもしれませんねw

朝、もうちょっと寝ていたいとき。
時計を見てうーん、なんて
10分ほどまどろんだはずなのに

もう一回時計を見ると
1分しかたってなかったり?

さっきよりも時間が前になってたり
することってありませんか?

このとき、実はタイムリープが
起こってるのかもしれませんねw

睡眠前を利用する

夢を使う方法と似ているけど
ちょっと違うこの方法。

ベッドに入って目を閉じたら、
今、自分が戻りたい時代の寝床にいると
明確にイメージをします。

目を閉じて、そのころの自分と
意識を重ね合わせるのですね。

なるべくリアルに、体の感覚なども
思い浮かべると良いと思います。

毎晩毎晩繰り返すと、
ある時、体がぞわぞわし始めるので

そのまま就寝したら、
目を覚ましたとき、過去に戻ってるそうです。

これは、ちょっと期待できそうですね!

巨大台風の力をつかう?

強力な台風の通過後には
時間の流れにわずかな隙間ができるそうですw

そのタイミングを狙って幽体離脱を行うと
戻れる確率が高いというもの?

まず、幽体離脱を行う方法を
教えていただきたいですw

 

過去に戻りたいと思ったことはあるけど、
つらかったけど乗り越えたことや
頑張ったときのことを考えると
ちょっと戻るのがもったいないかもw

すでに、10年後の世界から、
そこまでいかなくても、明日の夜からでもいいので

戻ってきたのだと考えて
一日一日大事に生きていきたいですね!

 



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




3 Responses to “タイムリープの方法まとめ!明晰夢のやり方やアファメーションは?”

  1. 山下由以 より:

    もっと簡単ですごい効き目の方法を知りたいです。ドラえもんの逆時計のように。

    • katze より:

      私も知りたいです・・・。
      「飽きた」というのを見たのですが、これは異世界に行く方法みたいだし、
      戻れる方法ってなかなか情報が少ないですよね。

  2. 山下由以 より:

    ドラえもんの逆時計がどうしても欲しいな。どなたか発明してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ