恵方巻き2016年はいつ?今年の恵方の決め方は?作法は笑って?無言で?

恵方巻き

 

カレンダーの上では春になる、季節の分かれ目「節分」

節分に食べるものといえば恵方巻き!
長い太巻きのお寿司を独り占めなんて、
なかなかできるものじゃないので子供の頃はこれが大好きでしたw

そこで、節分を間近に控えたこの季節
恵方巻きについて簡単に特集してみることにします!

 

sponsored link

2016年 恵方巻きを食べるのはいつ?

恵方巻きは、節分の日に食べます。

2016年の節分は、2月3日(水曜日)

季節はおおまかに分けて4つ(春夏秋冬)ありますが、
それぞれに、立春、立夏、立秋、立冬があります。

この、立春の日が節分。
梅の花が咲き、春になる頃ですね。

今でこそ、新年は1/1 まだ寒い季節にありますが、
旧暦でのお正月はこの季節。

中国では、今でも旧暦でお正月を祝いますよね。
※今年は2/8がお正月だとのことw

年賀状に『迎春』と書くのは、文字通り昔は
春になる季節だったからではないかな、と思います。

つまり、一年の始まりは冬ではなく、春。
そういうわけで、これまでの一年の厄を落とし福を呼び込むために、
豆まきをしたり恵方巻きを食べたりするのです。

 

2016年 恵方はどっち?

2016年の恵方は、南南東やや南

南南東

なんだかよくわからない方角ですねw

わかりやすく時計で例えると、
北を12時として大体5:30くらいの方角です。

余計わかりにくい?

恵方は、その年の「歳神様」がいる方角です。

歳神様

歳神様とは、陰陽道で、その年の福徳を司る神様のこと。
(Wikipediaより)

恵方はその年の十干によって決まっていて、全部で4種類。
※同じ恵方の歳があるからです。

十干 西暦の最後の桁 方角
甲・己 4,9 東北東やや東
乙・庚 0,5 西南西やや西
丙・辛 1,6 南南東やや南
戊・癸 3,8 南南東やや南
丁・壬 2,7 北北西やや北

意外と少ないんですねw
2016年の恵方は、南南東やや南。
2年後の2018年も同じです。

 

 

恵方巻きのルーツって?

現在30代、北陸出身の筆者ですが、
考えてみれば小学校の時には恵方巻き、やってなかったかも・・・。

ちょっと調べてみたところ、
恵方巻きはもともと関西の習慣で
1998年に、セブン-イレブンが大々的に恵方巻きを商品として扱ったことで
全国へ広がったのだとか。

同じく2月のイベント、バレンタインデーも実は製菓メーカーの陰謀wだし
※海外では贈り物はチョコレートじゃなくても良いのですw

大手小売の力ってすごいですね!

 

sponsored link

恵方巻きを食べる時のルールは?

恵方巻きの食べ方について、いくつかルールを聞いたことがあります。

『恵方を向いて、一本を一気に食べきる』

のがスタンダードなルールだとして、
プラスアルファでのルールです。

中でもよく聞くのは「無言で食べる」

これには地域差があると思うのですが、
私の実家では、

『わっはっは、と笑いながら食べる』のがルールでした。

地域やお家によって伝統があるのかもしれませんね。

 

比較的新しい日本の伝統、恵方巻き。
まさに「温故知新」といった行事であると思います。

新しい伝統 だけど、古き好き流れを汲む伝統。
これからも続いていって欲しいですね。



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ