島耕作の事件簿あらすじやネタバレは?経歴もまとめてみた!

ソニーのVAIO S11がずっとほしくて
価格のリサーチを続けてます。

6月に、昨年にはあった”株式会社VAIO設立3周年”の
1万円キャッシュバックがあるかと思いきや、

6月開始のキャンペーンが
PC下取り額UPでちょっとがっかり。

次にキャッシュバックが来たら
絶対買おうと思いました!

課長、社長、会長と進化した島耕作
今度は”事件簿”になる?ってことで

どういうことなのかだいぶ気になりますw

島耕作の経歴(?)や
事件簿のあらすじ、ネタバレなど

簡単に調べてみることにします!

 

sponsored link

島耕作について

島耕作

名前  :島 耕作
読み方 :しま こうさく

生年月日:9月9日(作者の誕生日)
年齢  :不明?

身長  :177cm
体重  :70kg

出身地 :山口県岩国市

出身大学:早稲田大学法学部

島耕作は、作者の弘兼憲史さんがモデルなので、
プロフィールはこんな感じになるようです。

さすがに、身長体重まで
作者と同じじゃ無いと思いますがw

作者が大学卒業後入社した、
旧松下電器をもじった
初芝電器でキャリアを開始。

五洋ホールディングスっていうのも、
三洋ですよね…w

島耕作の事件簿あらすじは?

島耕作の事件簿あらすじですが、

課長時代の島耕作が大事件に巻き込まれ、
警察から逃亡しながら
怪事件を解決していくスペクタクルサスペンス

Yahooニュースより

だそうです!

使用されていた画像がこれはまた…

島耕作の事件簿

このシルエット、

どう見ても金田一君じゃないですか!

それもそのはず、
「事件簿」の原作者は
「金田一少年の事件簿」原作者と同じ

天樹征丸 = 亜樹直 = 樹林伸(きばやし・しん)さん!

そう、あのキバヤシです!

MMR

兄弟で描いてるワインマンガ、「神の雫」
めっちゃヒットしましたよね。

ほんと、原作者として
異能といわざるを得ません。

事件簿 ネタバレは?

『島耕作の事件簿』は
どんな話になりそうでしょうか?

金田一や探偵学園Qを見てると、
作者は、小道具を使ったトリックを使って
不可能な状況を作るのが得意。

名探偵コナンと同じ系統ですね。

殺害状況、痕跡や動機からたどるというよりは
トリックを実行できた人物を探す系の
推理を展開しそうです。

大事件に巻き込まれ、
警察から逃亡しながら

とあるので、

濡れ衣を着せられて指名手配された島耕作が、
逃亡しながら(女性を渡り歩きながら?)
真相を暴く旅をするような
内容になるんじゃないでしょうか?

出世ストーリーの時は、
あんまり読む気しなかったけど

これは読んでみたい!と思わせる
不思議な展開になりそうですww

ドラマ化されたら見ちゃうだろうなw

sponsored link

経歴は?

経歴が、wikipediaにきっちりまとまってたので
貼ってみます。

1970年4月 初芝電器産業株式会社入社
1970年11月 本社営業本部 販売助成部屋外広告課
1971年11月 販売助成部制作課
1976年1月 主任へ
1980年3月 係長へ
1983年5月 課長へ
1985年1月 ハツシバアメリカ NY支社宣伝部
1986年1月 本社営業本部 販売助成部宣伝課 課長
1987年5月 電熱器事業部 営業部宣伝助成課 課長
1988年5月 本社営業本部 販売助成部ショウルーム課 課長
1990年5月 フィリピンハツシバ マーケティングアドバイザー
1990年11月 本社営業本部 販売助成部総合宣伝課 課長
1992年2月 本社総合宣伝部 部長
1999年1月 初芝電産貿易株式会社 代表取締役専務(出向)
1999年9月 サンライトレコード株式会社 代表取締役専務(出向)
2001年4月 本社市場調査室
2001年5月 福岡初芝販売センター 代表取締役専務(出向)
2001年10月 代表取締役社長(出向)
2002年2月 本社取締役 九州地区担当役員
2002年6月 上海地区担当役員 上海初芝電産董事長
2005年2月 中国担当役員
2006年11月 本社専務取締役
2008年5月 初芝五洋ホールディングス株式会社
(2010年1月 社名をTECOTに変更) 代表取締役社長
2013年7月 代表取締役会長

1970年から2013年まで
43年間同じ会社で働いてます!

私は、12年で10回転職してしまったので
真面目に一途に働けるのすごいなって思いますw

初芝電器のモデルは、
言わずと知れた松下電器ですね。
※現Panasonic株式会社

大阪で勤務していたときは
普通に社会人してると行き当たる会社でした。

 

ここの工場で日雇いやったこともあったりw
色々、思い出のある企業です。

 

こんな多忙な彼が、いつどうやって
事件簿とか探偵とかやるのか

めっちゃきになりますよねw

課長時代に巻き込まれる、って
はなしなので・・・

1983年5月から1992年2月までの
どこかで起きる話なのか

まったく本筋とは違う
パラレルワールドの話か、ですね。

本筋の世界線での話なら、
携帯電話普及前だし

電話を使ったトリックや
手紙を使ったトリックもありそう!

カセットテープやVHSも登場して、
”わが社が関わった製品(VHS)に救われた”とか

そんな展開も胸アツですねw

あ、これはほんとによみたいかもw
楽しみに待ちたいと思いますw

 

 



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ