鈴木耀介(東大王)の中学高校や学部はここだ!家族や彼女も?

バラエティ番組やドラマは、
正直よくわかりませんが。。。

クイズ番組は好きでよく見ています。

ネプリーグのような常識クイズも好きですが、
アタック25みたいなカルトっぽいのも好きです。

最初を見逃しても、途中の問題から
楽しく見ることができるのが良いですよね!

今回、鶴崎さんに代わって出場する
鈴木耀介さんがきになります!

鈴木さんについて、
出身中学や高校、
家族や彼女はいるのか?など

簡単に調べてみたいと思います♪

sponsored link

鈴木耀介のプロフィール★

鈴木耀介3

名前  :鈴木 耀介
読み方 :鈴木 ようすけ

生年月日:1996年?
年齢  :21~22歳?(2017年現在)

出身地 :埼玉県さいたま市

鶴崎さんに代わって
東大王チームに出場することになった

鈴木耀介さん!

画像は、最後の問題に答えて
東大王チームの優勝が決まった瞬間の
どや顔?なんですが…

こういうどや顔、
かっこいい!!!って思っちゃいますねwww

生年月日はわかりませんでしたが、
大学4年生なので
21歳~22歳ということになりますね。

浪人していたらその限りではないですが…

後述の、高校生クイズにも出場していたので
それは無いと思います。

学部はどこ?

鈴木耀介さんが通っている学部は
”工学部”まで公開されてましたが

工学部 電気電子工学科だと思います!

鈴木耀介2

※本人のFacebookより

さらに、

Twitterもやってたみたいですが、
こっちは探しても見つけられませんでしたorz

中学・高校はどこ?

鈴木耀介さんの通っていた
中学・高校はどこなのでしょうか?

高校については、高校生クイズ王に
出演していたときのチーム、

開成高校に通っていたようです!

鈴木耀介

中学校は、地元埼玉の中学校に
通っていたのかな?

開成→東大、となると、
かなりの塾通いをして勉強したのかも。

だとしたら、教育熱心な親と
勉強熱心な本人は

中学校から私立での学習を
望んだかもしれませんね!

余談ですが、開成高校のチームでも
伊沢さんと同じチームだなんて

縁ってあるんだなーって思っちゃいますねw

出身中学校ですが、
出身地、埼玉県の公立中学校に
通っていたのでしょうか?

開成→東大コースをたどり、
本人も勉強熱心で塾通いも、となると

中学校から私立というのが
線としては濃厚じゃないでしょうか?

この子は、私のような
”うちはお金がないからね”って理由で
公立→公立→国立パターンになった輩とは
訳が違うと思いますw

TOEICでお邪魔した近畿大学は、
うちのボロボロ大学と引き比べて
涙が出そうなくらい設備が綺麗でした。

家族について

鈴木耀介さんの家族って
どんな方々なのでしょうか?

前述のとおり、子供を私立へやることのできる
裕福なご家庭に育ったのだと思います。

また、後でも書きますが、
鈴木さんは結構、きっちりしてるのを好むのかな?

Facebookでは、部屋の様子が写っている写真が
プロフィール写真になっていましたが…

結構広めの、大きなベッドとソファがあって、
なかなかリッチそう?でした。

きっと、アウトドア派じゃなくて
観劇とか海外旅行が趣味の
めっちゃ育ちの良い、
ご両親自体が育ちの良い方々なんだろうなーって思います。

sponsored link

彼女は居る?

鈴木耀介さんに彼女は居るのでしょうか?

クイズの番組を見ていて感じたのですが、
高校生の時はちょっと姿勢が悪かったのが
今回は少し背筋が伸びてます?

…いや、そんなことないですねw

キャプテンの伊沢さんや、

伊沢拓司

医学部の水上さんが

水上颯

髪をおしゃれに整えて、
シャツのボタンをはずし、
ちょっとリラックスしているのに加え、

鈴木耀介3

めちゃくちゃかっちりしてますwww

この、スキのない感じ。

彼女は居ませんね。たぶん。

 

 

鈴木耀介さんと同じタイプの
めっちゃいろんなことを
共感できる女性を見つけるか

卒業後にお見合いをして
いいところの娘さんと
最初はぎくしゃくしながらw
長い時間をかけて愛情を築いてほしいですね。
ただの私の願望ですね。

何度か出演しているうちに、
彼が髪を整えて、

開襟の第一ボタンを開けるようになったら
彼女ができたんだろうなーって

そう思うことにしようと決めましたwww

 



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ