おもちゃ爆弾(パキスタン)の画像や威力は?出処はどこ?

パキスタン北西部、南ワジリスタンで
おもちゃ爆弾が炸裂して

多数の子供が死傷したとのニュースがありました。

おもちゃ爆弾って、どんな形をしているのでしょうか?
威力はどれくらいなのでしょうか?

ちょっと情報がないかどうか
調べてみることにしました。

 

sponsored link

おもちゃ爆弾の画像は?

おもちゃ爆弾って、どんな形をしていたのでしょうか?

ニュースサイトで画像を探してみましたが、

今回話題となっているものの画像は、
ちょっと見つけられませんでした。

今回のものについては出処も不明だそうですが
一つだけではなく、たくさん仕掛けられているとしたら
今後、被害が増えるのも心配です。

一刻もはやく、画像を公開して
周辺の子供に注意喚起をしたほうがいいと思います。

そんなことを言っていられないような情勢かもしれないので
私が平和な日本からこんなことを書くのは
筋違いなのかもしれませんが・・・。

1980年代にも、アフガニスタン近辺で
当時のソヴィエトがおもちゃ爆弾を空からばらまいて
多数の子供が被害にあったのですが、

その時は、こんな形の爆弾が使用されたようです。

PFM-1という名称のクラスター爆弾なのですが、
なんだか、ちょっとおもちゃには見えませんよね。

当時の子供は、これをおもちゃとして遊んだ・・・って
それも私にはよくわかりません。

投げて遊んだのでしょうか?

Wikipediaによると、もともとこれは
空中からばらまきやすいように考えて作られた形のようですね。

Wikipedia PFM-1より

それが、子供が興味を持ちやすい色や形をしていたので
多数の被害を産んだ、というのが実際のところらしいです。

私の記憶違いかもしれませんが、
他にも、過去の何処かで

子供が手に取りやすいようなロボットの玩具の形をした
地雷が仕掛けられたことがあった気がします。

画像を探してみたのですが、
こっちもちょっとわかりませんでした。

いずれにせよ、おもちゃなんて手に入らない地域で
子供を狙ってこんなものを使用するなんて

考えた人はサイコパスなんじゃないかと思ってしまいます。

また、男の子たちはおもちゃを見つけて、
道端で遊んでいたところ、爆弾が爆発したということなので、
道を歩いていた人がいたとしたら、
その人も餌食になっていたかもしれません。

前述のおもちゃ爆弾は、
信管が抜かれてから80時間後に爆発するように
作られていたのだとか。

そこまで時間設計ができるなら、
下手したら家に持って帰る子供とかがいたりして
人が集まる集落の中で爆発、とかもあり得たかも。

考えれば考えるほど
恐ろしい話だと思います。

sponsored link

威力はどれくらい?

今回話題となっているものの威力は
相当凄まじいものだったようで、

6歳から12歳の少年6人が亡くなり、
他に2人が致命傷を負ったそうです。

一度に何人もを害することのできるような
”爆弾”って本当にずるいですよね。

しかも、仕掛けた当人には害がない分、
自爆や単純な攻撃より卑劣だと思います。

どれも、許すことができないものではあるのですが。

出処は?

今回の爆弾の出処って何処なのでしょうか?

今回、悲劇が起きたのは
パキスタン北西部の南ワジリスタンという地域。

ここは、2009年までタリバンにとって聖域になっていたところで
アフガニスタンとの国境近辺らしいので

ひょっとしたら、ソヴィエトによって投下された不発弾が
今頃になって爆発したものかもしれません。

この2日前にも、地雷を踏んでしまった男児が2人
犠牲になっているそうです。

日本での”不発弾処理で避難”というニュースを聞くと
大げさだと思ってしまうのですが、

こういう話を聞くと恐ろしいなと思いますね。

 



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ