メルエム(キメラアント)とヒアリの関係は?藤井四段となぜ対局?

蒸し暑くて嫌になっちゃいますね。

冷たい麦茶をキューッと飲むと
生き返ったみたいな気持ちになります。

HxHのメルエムが話題になってて、
ナニゴト?って思ったのですが、

どうやら、話題の”ヒアリ”関連のお話らしいですね。

ヒアリとメルエムって、どう関係あるのでしょうか?
また、”藤井四段と対局”と言われているのは何なのでしょうか?

わかるようなわからないような気がするので
ちょっとまとめてみますw

 

sponsored link

メルエムって?

まず、メルエムって何なのか気になりますよね。

メルエムは、ハンター×ハンターに出てくるキャラクターで、
キメラアント編のラスボスです。

メルエム

すこしまえ、セアカゴケグモの恐ろしさが
日本で話題になりましたね。

外来昆虫の恐ろしさとか
ちょくちょく話題になりますが

日本の昆虫もめっちゃ恐ろしいです。

アメリカの殺人蜂、キラービーを退治するために
スズメバチを輸出しようとしたことがあるそうなのですが、

あまりのスズメバチの恐ろしさに、
計画を中断したほどなのだとか。

そんな蜂や、同じく恐ろしいアリが
人間と同じサイズで、知恵を持ってたらって

勝てる気がしませんね・・・w

ヒアリとの関係は?

キメラアント という名前の通り
アリの一族が変異してできた最強集団のうち
女王の息子として生まれたのが王、メルエム。

このキメラアント、よくある話ではありますが、
人間を食料としており、食べるほど強くなるという
性質を持っているようです。

その女王が身を賭して生まれたのがメルエムで、
最強の王として君臨していました。

キメラアント女王

今回、ヒアリの女王の死骸が見つかったということで、

すわメルエム誕生か?と、
ネットが盛り上がってるのですが、、、

このお話、結構昔に発表されたものなのに
未だに第一線で話題入りするなんて

ハンター人気恐るべしですね。

sponsored link

藤井四段との対局ってなんで?

では、このキメラアントの王、メルエムが
藤井四段と対局するのってなんでなのでしょうか?

このメルエム、人間を食べるほど強くなるという
恐ろしい王様で、

超巨大な城を築いて、人間を集めては
食べまくって強くなるっていう設定なのですが

脳筋ではなくて頭もよく、
最強の軍隊を作るための「選別」をしている途中で

娯楽として囲碁や将棋の名人と対戦をすることにします。

その時、同じく盤上競技の「軍儀」で、
名人、「コムギ」と知り合って対局することになるんですね。

メルエムとコムギ

コムギは、目が見えないのですが
軍儀の腕は恐ろしいまでに凄まじく

頭脳明晰な王に対し、軽く勝ちをおさめます。

この時点で、王は一回ルールを読んだだけではあれど、
初めての敗北と、自分より強いものとの出会いに

コムギとの軍儀の対戦にハマっていきます。

これが、ただの幕間かと思いきや
キメラアント編の核心となるべき部分になるので

富樫ってやっぱり天才なんだなって思っちゃいます。

また、生まれてから名を持たなかった”王”に
名前を聞いたのもコムギ。

ネタバレは良くないのでこの辺でやめておきますが、

今まさに話題の

◆ヒアリの女王の死骸が発見される
◆連日の藤井四段の大活躍

が、どうもハンター×ハンターを思い起こさせて
ファンは歓喜したんだと思います。

なんのことだかわからない方が大半だと思いますがw
気になったらHxHのキメラアント編を読んでみてくださいw

 

 

 



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ