2017年台風18号はいつ東京に?規模や強さに三連休の天気も!

9月になり、台風のシーズンになりましたね。

本州に迫っている、台風18号が
すでに沖縄に大きな被害をもたらしているので
気になっています。

なんで、台風って3連休を狙ってくるんでしょうかねorz

今回の台風18号ですが、

東京上陸はいつになるの?
規模や強さはどれくらい?

三連休の天気は?など
簡単に調べてみました★

sponsored link


台風18号の進路は?

2017年の台風18号の進路を
テレビで紹介していました。

台風18号

現在、沖縄にいる台風ですが、

17日(日曜) 午前3時には九州に上陸し
日本を縦断する形で北海道まで進む見込みだそうです。

日本をたどるように進むのは
太平洋上の高気圧が原因?でしょうか。

すっと右か左にずれて
日本から離れてほしいなって思います。

台風の強さや規模は?

沖縄での台風18号の被害が
テレビで大きく報道されてるのが気になります。

強い雨が降るのが特徴のこの台風、

沖縄では24時間雨量が533ミリという、
観測史上最大の雨量になったそうです。

また、屋根が壊れたりといった
風による被害も大きいのだとか。

沖縄の住宅は、台風が多いことから
風に強い作りになっている、と聞いたことがあります。

それでも屋根に被害が出てしまうのだとしたら
相当強い台風だってことですよね。。。

気象庁のHPによると、
9/15 午前4時頃の発表によると

台風の強さは「非常に強い」

中心付近の最大風速は
秒速50メートルだそうです。

瞬間最大風速は秒速70メートルだそうですが、
風速、というとこの画像を思い出しますw

僕が飛ぶくらい

実際、これは”僕”ではなくて
”車が飛ぶくらいの強さ”って言ってるみたいですね。

秒速50メートルの風というと、
どれくらいなのでしょうか?

気象庁に掲載されている「藤田スケール」を見ると、

秒速50~69m/s(約7秒間の平均)の場合、

住家の屋根がはぎとられ、弱い非住家は倒壊する。
大木が倒れたり、ねじ切られる。
自動車が道から吹き飛ばされ、汽車が脱線することがある。

気象庁HPより

というように、かなり強い風が吹いてることになりますね。。。

中心気圧は935hPaで、かなり強い台風になりそう。

日本を襲った過去最大の台風は、
1917年10月1日の東京湾台風。

なんと、この時の台風の強さは
952.7hPaだったのだそうです!

日本に上陸する台風は、
大抵の場合900hPaを切らないそうなのですが、
海外では800台後半でも大きな被害を出すのだとか。

日本の住宅って、地震や台風など
自然災害に強いんだなって実感しますね。。。

sponsored link

東京にはいつ到着?

台風が東京を通過するのは
2017年9月18日(月曜日)になりそう。

日曜日

 

月曜日は、3連休の最終日なのですが
狙ったかのように雨ですね。。。

台風18号2

お盆休みも雨続き、三連休も雨続きで

すっごく残念です。

 

九州や近畿では、18日には台風通過して
晴れ間が見えるかもしれませんね。

以上、台風18号とその進路についての
簡単なまとめでした。



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ