Googleギフト当選!創立者や創立年など3つの質問や答えは!これって詐欺?

最近話題になってるなー、と思っていた
Googleギフト当選のページ、

ついに私のところにもでてきました!

ちょっとうれしくなって、
キャプチャを取ってしまいました。

※画像クリックで拡大します

Googleプライズ

もっともらしく書かれていますが、
アドレスが明らかにGoogle関係ないので

詐欺じゃないの?って簡単にバレますねw

これは、詐欺なので3つの質問に答えても

ギフトカードもiPadももらえません!

てか、アンドロイドを推奨しているGoogleが
iPad配るのおかしいですよね。

他のユーザに権利が移行するまでXX秒…とかって
焦らせるところも最悪です。

ところで、3つの質問とその答えってなんなのでしょうか?

そこは気になったので、ちょっとしらべてみました。

 

sponsored link


3つの質問は?

この当選ページが表示されると、
”幸運な当選者”は3つの質問に回答するよう誘導されます。

1つ目の質問は、

Googleの創立者は? というもの。

3択から選択する形式になっていて、

  1. Bill Gates
  2. Mark Zackerberg
  3. Larry Page

と、選択肢が表示されます。

1.は言わずとしれたマイクロソフト創業者、
2.は映画にもなった、Facebook創設者

知らなかったとしても、消去法で3.のLarry Page氏だとわかりますね。

 

2番めの質問は、
Googleの本拠地はどこ? というもの。

選択肢は

  1. USA
  2. England
  3. Russland

の3つ。

クイズだとしてもひねりが無いですね。

カリフォルニア、シカゴ、ニューヨーク、位の
選択肢にしてほしかったなーと思います。

3番めの質問は、

Googleが創立された年は? となります。

選択肢は次の3つ

  1. 1998
  2. 2012
  3. 2014

よほどのおこちゃまでなければ
自分がGoogleを使い始めた時期から判断できますよね。

sponsored link

これって詐欺?

冒頭でも書きましたが、

これは明らかに詐欺です。

3つの超簡単なクイズに答えると、

GoogleギフトカードやiPad、Galaxyなどが選択できる
画面に遷移するのですが、

この権利を確保するために、ということで
住所や氏名、クレジットカードの番号を
入力する画面へ誘導されます。

 

GoogleやAppleとは関係ない、
ただの悪質な詐欺サイトなので

お遊びの方はここまででブラウザを閉じてください!

その後の展開が知りたい、という方のことは
もう止めないのでお好きにしてください。

不思議なもので・・・

  • アラブの石油王が数億円を譲りたがっている
  • 主人がオオアリクイに殺されました

みたいな詐欺メールには引っかからないのに

Googleの名前でまず安心感を与え、
クイズに参加させることで自発行動を取らせ、
最終的に信じさせてしまう、

この単純だけど効果的な仕組みにあっては
引っかかってしまう人も多そうです。

昔、PCヘルプデスクで働いていたのですが、
この件も大変なことになるのかなーって

現在の職場には関係ないので(笑)
他人事のように思いました。



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ