亀田和毅リング乱入はやらせ?動画や処分は!謹慎や出場停止も?

最近、貞子VS伽椰子をTVで見たのですが
なんだかちょっと面白かったです。

ラストシーンがなかなかの演出で
爆笑してしまいました。

ホラー映画ってなんだか入り込めなくて
だめなんですよねー。

リングはリングでも、ボクシングのリングへ乱入した
亀田和毅選手が話題です!

試合の動画はあるのか、
実は乱入はヤラセじゃないのか?

処分は謹慎?出場停止?など
簡単にしらべてみました!

 

sponsored link


亀田和毅選手について

亀田和毅

 

名前  :亀田 和毅
読み方 :かめだ ともき

生年月日:1991年7月12日 
年齢  :27歳 (2018年現在)

身長  :171 cm
リーチ   :168 cm

出身地 :大阪府大阪市

 

亀田4兄弟の3男、亀田和毅選手。

私は昔天下茶屋に住んでいたのですが、
その時和毅選手も同じ場所で暮らしてたんですね・・・。

あの街に有名なプロボクサーがいたんだと思うと
ちょっと感慨深い?です。

兄弟の中では一番才能があるそうですが、
髪型の規定がアマ資格に抵触するとかで
日本でのプロ転向は難しい?となり

2017年に中学校を卒業したばっかりなのに
そのままメキシコへ武者修行に。

大人のルールを覚えるときに日本にいなかったので
ちょっと変わったことをしてしまうのかもしれませんね。

2015年10月18日に、メキシコ人女性と結婚したそうです。

なれない土地で苦楽をともにした女性を選んだのか、
慣れ親しんだメキシコをよく知ってる女性を選んだのか

どっちにしても素敵な話ですよね。

 

リング乱入の動画は?

亀田和毅選手のリング乱入ですが、
動画はあるのでしょうか?

探してみたのですが、
Youtubeにはまだ無いようでした。

ボクシング動画配信局とかで
生配信されてたみたいなのですが、

今は見られなくなってるみたいです。

また、探してみてみつけたら追記します!

亀田選手がリングに乱入したのは

東京・後楽園ホールで行われた
TJ・ドヘニー VS 王者 岩佐亮佑の試合!

この試合、判定でドヘニーが勝ったのですが、
新王者となったドヘニーに挑戦を申し込むため、

リングへ乱入したとのこと。

スポーツ報知より

ドヘニー側は、死闘を制して
王者となった余韻もそこそこに

いきなりリングにこられて挑戦状を突きつけられたら
ぶち壊しになっちゃいますよね。

でもドヘニーはめっちゃいい人で、
突撃されたときは激怒していたそうですが

試合後に、「誰の挑戦でも受ける」と
優しい言葉を言ってたみたいですね。

それだけに、亀田和毅選手の乱入がなければって
どうしても思っちゃいますよね。

sponsored link

乱入はヤラセ?

 

亀田兄弟は昔からいろんなところで叩かれがちで、
特に和毅選手は日本でのプロボクサーデビューも
できなかったくらい。

兄の興毅さんも、

亀田ってだけで誰も受けてくれない
普通の倍のファイトマネーをふっかけられる

なんて言ってましたし・・・。

『無断ならば品位に欠ける』なんて発言が出てるので、
ひょっとして乱入は意図されていたとか?

JBC関係者によると、
和毅がリングに上がった経緯が不明であることから、
近日中に亀田陣営から詳しい話を聞くとのこと。

「主催者やテレビ局などの承諾があれば問題ないが、
無断ならば品位にかける

デイリーより

もしかしてですが、

岩佐亮佑選手が防衛成功してたら
亀田和毅選手が乱入して挑戦状、って

そういう段取りだったのかもしれませんね。

だとしたら、和毅選手ちょっとかわいそうだなー。

 

処分は謹慎?出場停止?

亀田和毅選手は、今後この乱入について
処分をくだされたりするんでしょうか?

もしも、最初から乱入が意図されていたなら
もちろん処分しちゃかわいそうですよね。

亀田兄弟は試合に出るのもタイトルに挑戦するのも
難しいって話ですし・・・。

まとまりかけてた王者への挑戦が
今回の番狂わせで崩れちゃwったのかもしれませんね。

山根会長の件などでも揺れているボクシング業界。

今回の乱入についても、
ちょっと厳しく対処する可能性がありますよね。

 

亀田選手への処分は、
選手資格剥奪とまでは行かないものの、

”厳しいボクシング業界”アピールのために
重めのものになるかもしれません。

これを指示した人が居るんだったら
田中監督のように言い訳せずに

絶対名乗り出てもらいたいですよね。

以上、亀田選手の乱入についてでした!



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ