台風21号2018で阪急京都線はいつ復旧?状況や飛来物(屋根)の画像も!

今日は会社が休みになって
一日家にいたのですが、

自宅のほうが会社より当然強度が低いので
心配になるくらい雨や風がひどく、
肝を冷やしました。

幸いにして何も被害がなく、
テレビで見る惨状に驚いたものの

何事もなかったことと
穏やかな外の天気に感謝しています。

今年は夏の暑さ、
快晴の太陽が辛いこともありましたが、
台風に比べたら素敵なことですよねw

阪急京都線の復旧状況が気になります。

(JRも阪急もダメなら
明日出社できないので・・・。)

飛来物が屋根?という大物なので
めっちゃびっくりしたのですが、

撤去にどれくらい時間がかかるんでしょうか?

ちょっとまとめてみました。

 

sponsored link


阪急京都線の状況は?

阪急京都線ですが、
現在、HPでは特に運行取りやめの情報は
掲載されておりません。

あんなことになっておきながら、
頑張って復旧してくれたのでしょうか?

HPを見てみても、

2018年 9月 5日 06:30現在

現在、20分以上の遅れはありません

阪急電鉄運行情報

だそうです!

阪急、強いですね。。。

++++++++++++++++++++++

阪急京都線の復旧状況ですが、
現在、まだめどが立っていないそうです。

大阪北部地震のときは、
地震の次の日には復旧してましたが、

あのときは暴風が吹いていなかったし、
長時間揺れ続けたわけではないので
今回とは状況が違いますよね。

阪急京都線ですが、
現在もまだ、運行は見合わせになっている状態です。

各路線で順次運転再開しているようですが、
京都線はどうなるのか、気になりますね。

早々に電車の運行を見合わせたので、
立ち往生する電車がなかったのは、

全く、各鉄道会社の英断としか思えません。

にしても、今年は6月から、
会社が休みになるレベルの災害が多いですね。

特に、関西に集中してるのが怖いです。

なにか、これ以上とんでもないことが
起こらなければ良いなと思います。

sponsored link

飛来物(屋根)の画像は?

京都線の復旧が心配な理由なんですが、
とんでもない飛来物があるみたいなんです。

なんでも、
線路になにかの屋根が落ちているとか・・・。

場所は、西向日駅と東向日駅の間。

現場は、画像を見る限り高架っぽいですね・・・。
撤去はすぐ出来るんでしょうか。

ここまでの大物を撤去するのだとしたら、
少し時間がかかりそうですね。

通常、家を解体して更地にするのは、
一週間ほどかかるそうです。

流石に、夜には作業しないと思うのですが、
駅員でなく、解体業者に依頼すると思います。

少なく見積もっても、
明日の午前中には復旧しないでしょうね。

倒木の処理なら、夜中に完了して
該当区間以外で往復など、

区間を指定して運行再開するかもしれません。

というか、してもらわないと困りますね。

明日どうしてもこの区間の利用が必要な人は、
別の交通機関で代替することを
考えたほうが良さそうですね。

撤去に時間がかかるようなら、
バスでの代行輸送など検討してほしいです。

22時の状況ですが、
明日の始発からの復旧を目指して頑張ってるようです

9月5日の運転状況は現時点では未定ですが、
初発からの運転再開を目指し復旧作業に努めてまいります

阪急電鉄運行情報 より

明日も休みか遅く出たいから、
ちょっと、ゆっくり作業してもいいよー・・・なんて

言ったら、帰宅難民に怒られそうですね。

 

以上、阪急京都線の復旧状況について
まとめてみました。

 



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ