台風21号2018関西(9/8現在)の停電地域や復旧情報は!いつまで続く?

北海道地震と大規模な停電、
すごくびっくりしましたね。

4日に関西を襲った台風から明けて
落ち着いてきた頃の突然の地震で
テレビを付けたとき、何が起こってるのか
理解できませんでした。

テレビのニュースで、
台風21号の影響による停電が
関西でまだ、9万世帯で続いていると
報道されていました。

北海道にばかり気をとられていましたが、
こちらの状況も気になります。

少しまとめてみることにします。

sponsored link


8日現在の停電状況は?

8日現在の関西の停電状況は
このようになっています。

幸いにして、ここ高槻市は無事、
職場の大阪市淀川区も無事でした。

関西電力のHP 停電情報から、
停電している地域を確認することができます。

停電地域

赤い場所、多いですね・・・。

9/8 0:00時点では、

大阪市では住之江区、平野区で約180軒、

堺市:では西区で約30軒

岸和田市や和泉市では被害が大きく、
約11,210軒でまだ停電が続いています。

泉佐野市、貝塚市、泉南市でも、
未だそれぞれ5000軒前後が停電中です。

和歌山県の被害が甚大で、
約23,740軒で停電が続いており、

有田郡 有田川町では:約5,100軒、
海草郡 紀美野町:約3,730軒、

和歌山市で3500軒、
海南市でも2350軒が停電しています。

京都府全域でも約6,020軒が停電しており、

うち京都市で約5,880軒が復旧していないそうです。

兵庫県でも、全域で約1,440軒が停電しており、
尼崎市で約1,240軒が復旧を待っています。

奈良県全体では約970軒、
滋賀県では約1,150軒が停電しています。

台風から丸3日経っても電気が回復していないと、
夏の暑さもあり、熱中症も心配です。

復旧に時間がかかるということは、
送電線に被害がある可能性があります。

無理をせず、電気の使える地域へ
避難することをおすすめします。

sponsored link

復旧の見込みは?いつまで停電?

台風21号の影響による停電は
いつまで続くのでしょうか。

毎日新聞によると、
送電に必要な電柱が折れてしまっているため、
復旧には時間を要するのだそうです。

泉南市

ちょっと見てみましたが、
これは確かにひどいですね。

毎日新聞ニュースより

 

関西電力によると、
福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の
2府5県で800本以上の電柱が折れた。

福井を除いた約5万1千戸で
停電が長期化する見込み。

だそうですが、
なぜ福井を除くんだ!って
一瞬思ってしまいました。

よく考えたら、
福井は北陸電力の管轄ですね。

敦賀の原子力発電所から
電気を引いている影響で
福井の電柱に言及しているのでしょうか。

日本には、毎年多くの台風が来るので
カリフォルニアのように地面に電柱を埋設するのも
良い手段かもしれないとおもいましたが

地震が来たらアウトですよね。

なにか、災害に強い良い敷設方法は無いのでしょうか。

折れた電柱の復帰も必要なので、
復旧までには下手したら
数週間~一月ほどかかるかもしれません。

北海道のように、数日とはいかなさそうなので、
周りの電柱がやばいことになっている地域の方は

体力に余裕があるうちに、
電気のある地域へ避難してくださいね。

 

 



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ