東名高速道路2019お盆の帰省/Uターンラッシュピークはいつ?空いている時間は?

お盆には先祖の霊が帰ってくると言いますが、帰ってくるのは先祖だけじゃなく、独立して家を離れた家族もそうですよね。

電車で帰省する場合はいいのですが、小さな子供がいたりすると車で帰省する方が楽なこともあります。

そこで気になるのが、お盆の帰省/Uターンラッシュ。

何日が一番混むのか、逆に何日が穴場になるのか・・・など色々調べてみることにしました!

sponsored link


2019年お盆はいつ?

まず、2019年のお盆期間っていつからいつまでなのでしょうか?

お正月と違って大晦日や元旦が祝日と決まっているわけではないので、毎年ちょっと迷いますよね(笑)

今年は、8/10,11が土日、8/12が海の日(8/11)の振替休日でちょうど三連休。8/13,14がお盆休みという会社が多いのではないでしょうか?

お休みの多い企業だと、8/10から一週間丸々お休みで9連休ってことも考えられますね。

ということは、

  • 8/9〜8/14
  • 8/9〜8/18

の2パターンに分かれるのではないでしょうか?

どちらの場合も、連休のスタートは8/9になる人が多そうですよね。

帰省ラッシュのピークはいつ?

今年の帰省ラッシュのピークは、NEXCO西日本の渋滞予測によると
8/12,13あたりになりそうです。

今年は、お盆空けの8/15に台風が迫っているので
その時期を避けて、お盆前半に帰る人とお盆後半に帰る人に分かれそう。

NEXCO西日本のサイトより

17日は上りの御殿場ICから横浜町田IC間で17時頃に35km、
18日は上りの大井松田IC から横浜町田IC間で16時頃に30kmの渋滞です。

以前に試算してみたことがあるのですが、渋滞を抜けるのにかかる時間がだいたい10kmあたり45分として、30キロの渋滞だと2時間半ほどかかることになります。

渋滞の時に心配なのはやっぱり脱水だと思うのですが、
水分を取りすぎると気になるのがトイレ。

どうしてもこの時に高速を使わなくてはいけない場合、
携帯トイレを常備しておくのもいいかもしれませんね。

sponsored link

空いてる時間帯は?

では、今年のお盆で比較的空いている狙い目の時間帯はいつでしょうか?

台風直撃の8/15はもちろん空いているといえば空いているのですが、だからと言って危険な時間を狙うのは本末転倒。

渋滞の危険を避けるため、より大きな危険に飛び込むのでは意味がありませんよね。

大型連休の最終日はやはり混むので、狙い目は16日(金)など、台風の影響が過ぎた平日。
とはいえ会社があったりなど平日の移動が難しいこともあるかも。

そういう時は、昼間ゆっくり寝ておいて深夜・早朝の出発がおすすめです。

一人で運転するとどうしても疲れてしまうので、交代してくれる人がいたら安心ですよね。

以上、2019東名高速の渋滞予想でした。



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ