Walkcar(ウォーカー)はバッグで持ち運べる車?重さや性能について!

「車をバッグに入れて持ち運ぶ」って凄い発想ですよね。

30台諸氏なら、「ドラゴンボール」の主人公たちが
ポケットから取り出したホイポイカプセルを投げて
車を出しているのを見たことがあるはず。

ホイポイカプセル2

ブルマときたら、車だけでなく家まで出してましたよね。

ホイポイカプセルの実現にはまだまだ時間がかかりそうですが、
カバンで持ち運べる車が実現したとのニュースがあるそうです!

その車が、「WalkCar」!

日本で開発されたというこの車について、
少し調べてみたいと思います!

 

sponsored link

 WalkCarってどんな車?

WalkCarは日本で開発された持ち運びのできる車で、
2015年 10月に予約販売開始予定とのこと!

メーカーが制作したPR動画を見つけたので
↓に貼ってみます!

このWalkCarはノートパソコンサイズで、
簡単なトートバッグにも入れることができるそうです。

Walkcar1

おもむろにかばんに手を入れて・・・

 

Walkcar2

とりだした板状の何かを

Walkcar3

地面に置き、

Walkcar4

乗って移動!

以前、セグウェイという同様の移動手段が話題になりましたが、
あれはとんでもなく重いため、普及しませんでしたね・・・

セグウェイ

乗ったことがありますが、特設会場でヘルメットとニーパッドを装着し
ハンドルを持って操縦するのですが曲がるのも一苦労でしたw

もちろん、カバンに入れて持ち運びは出来ませんw

今回の「車」、イメージ的にはこれに近い気がします。

コナンのスケボー

アメリカ人とかは結構本気でスケボー移動するので
それにエンジンが追加された感じなのかもしれませんね。

 

WalkCarの持続時間や大きさ、重さは?

WalkCarの大きさはA4サイズ。
高さは画像を見るに、5cmくらいかと思われます。

重さとしても、簡単なトートバッグに入れて持ち運べるレベルなので、
MacBookと同じ2.5kg程度ではないかと推測出来ます。

そこで気になるのは、やっぱり電池の持続時間!
電気自動車とのことですが、このボディで人間を運んだり、
動画にあるように重い荷物を持って坂を登ったりする場合、
どれくらいの時間電池が持つのかが懸念事項です。

Walkcar5

Cocoa motorsの公式ページなども調べてみましたが
持続時間はわかりませんでした・・・

 

sponsored link

 

WalkCarは公道を走れるのか?

セグウェイが日本で普及しなかった理由として、
日本の交通ルールがあります。

日本では、エンジンの付いたある程度の加速ができる乗り物については
ブレーキ、ランプなどを装備しているなどの条件を整え
自治体がナンバープレートを発行していることが
公道を走る条件になります。

セグウェイを売りだししようとしていた企業は当時いくつもありましたが
この条件があるため、難航してしまった印象があります。

そこでこのWalkCarですが・・・

ナンバープレートは無理でしょうねw
車から降りると止まります、という仕組みなので
ブレーキもないようです。

「車」と考えた場合、公道を走るのは難しそうです。
「電動スケボー」とか、台車的な扱いにしたら
使用できるかもしれませんね!

 

日本初、世界で注目を集めている
持ち運べる電気自動車、WalkCar!

これから先の展開が楽しみな一台だと思います!



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ