齋藤隆成(元子役)の中学高校はどこ?嫁子供の画像や名前もチェック!

明日がTOEIC試験なのをすっかり忘れて
危うく行かないところでした。

結構大事な勝負になりそうなのですが
今回も勉強できてないので
ちょっとどころかだいぶ心配。。。

ま、なんとかなりますよね・・・。

天才子役と言われていた齋藤隆成君が
結婚していて、すでにパパになってる!って

瀑報フライデーで明かされてましたね!

超びっくりしたので、

どこの中学校、高校に通っていたのか、
奥さんやお子さんの画像は?名前は?など

簡単に調べてみました!

sponsored link

齋藤隆成のプロフィール★

齋藤隆成

名前  :齋藤 隆成
読み方 :さいとう  りゅうせい

生年月日:1996年12月18日 
年齢  :20歳 (2017年 9月現在)

身長  :168 cm
血液型 :O型

出身地 :神奈川県

天才子役と言われていた齋藤隆成君。

映画、『博士の愛した数式』で

ヒロインの息子、√(ルート)役を演じてましたね!

この映画、舞台挨拶付きのを見に行きました。
もう11年も前の話だなんて信じられません。

 

齋藤君も、もう20歳なんですね。

時間の流れって残酷だな。。。

中学はどこ?

齋藤隆成君が通っていた中学校ですが、

綾瀬市立 城山中学校だそうです。

ブログでは、卒アル画像も見られましたw

そんな齋藤君の、中学時代の
めっちゃ可愛い画像がこちら!

城山中学校

ブログより

天才子役ではあれど、私生活では
普通の中学生って感じがしますねw

高校はどこ?

齋藤隆成君の通っていた高校は、

クラーク記念国際高等学校みたいです!

ご本人ブログに、名前こそ書いてませんでしたが
卒業式の写真が掲載されていて、

ステージに飾られてる幕に、
高校名がバッチリ書かれてました。

齋藤隆成高校

ブログ「☆高校卒業☆」より

この高校は通信制の高校みたいですが、
齋藤君はちゃんと学校に登校もしてたみたいですね。

日出高校なども、芸能人が通う高校として
かなり有名な高校ですが

クラーク記念国際高等学校は、
いそがしくて登校出来ない程の
人気タレントが通うところみたいで

しかも、難関大学の合格者も出してるんだとか!

通信制高校で難関大学合格って
それは相当ですよね!

齋藤君の場合、この高校卒業時には
奥さんがもう妊娠7ヶ月だったそうで
このときにはもう堕胎は不可能。

パパになる覚悟決まってたんでしょうね。

私の妹の同級生にも、
高校卒業時にはすでに妊娠していて、
卒業後に結婚した子が居たみたいです。

36歳にもなって子供が居ない身からすると
当時はうーん、って思ったけど

今にして思えばちょっと羨ましいですw

sponsored link

嫁や子供の画像は?

奥さんやお子さんの画像がないか、
探してみたのですが・・・

お子さんがいたことは随分前に、
普通に公表されてたみたいですw

 


目隠しはされてますけど、
やっぱ、すっごく可愛いお子さんですね!

奥さんについての情報は
正直、わかりませんでした。

さらに、卒業が迫る3月。妊娠7か月と大きくなるお腹をブレザーで隠す彼女に「本当はみんなから祝福されるべき事なのに、みんなに隠そうとするのが、自分も辛かったですし、彼女はもっと辛かったと思うので、辛そうな彼女を見てるのが、一番辛かった」

ニュースより

こんな風に言ってるので、
同じ高校の彼女なのかな。

妊娠してること、結婚するつもりなら
公表しても良かったんじゃないのかなーなんて
思いますが、

隠すのは辛かっただろうな。

子供の名前は?

齋藤隆成君の子供の名前、
気になりますよね!

なんか、すごいDQNネームとか
つけたりしたんじゃないだろうかとか・・・

ドキドキしながら調べてみると、
めっちゃ常識的な名前でした。

「奏太」と書いて、かなた君、と読むみたいです。

 


今、奥さんが2人めのお子さんを妊娠中みたいで、
その名前を必死に考えてる様子が
Twitterからわかるのですが

 

これを見ると、字画をきっちり考えて
つけてるみたいですね!

女の子は、結婚で名字が変わって
そのときに姓名判断の結果も変わるとか、
いや、変わらないとか言われてますが

結婚相手を見つける運もかかってるし
出生名が最適の画数であるに越したことは無いですよね。

 

現在、アルバイトで生計を立てて
頑張っているみたいですが、

メディア出演をきっかけに
俳優復帰も考えてくれないかな?

齋藤隆成君の活躍をもっとテレビでみたいな~って
期待しちゃいますね☆



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ