デニステン選手が暴漢に襲われた原因や犯人は捕まった?経歴も!

サッカーワールドカップの熱狂もすごかったですが、
今年は2月の冬季オリンピックもすごかったですね。

2つの世界的なスポーツの祭典が
韓国やロシアにもたらした経済効果って
どれくらいだったのか気になってしまいます。

東京オリンピックが楽しみですね!

ソチオリンピック フィギュアスケートで銅メダルを取った
デニス・テン選手が

暴漢に襲われて亡くなったそうです。

オリンピックの銅メダリストで
まだ25歳とこれからの彼だっただけに

ショックでなりません。

なぜ暴漢に襲われることになってしまったのか、
デニス・テン選手を襲った暴漢は捕まったのか、

デニス・テン選手の経歴、などについて
簡単に調べてみました。

 

sponsored link


デニス・テン選手のプロフィール

デニス・テン

名前  :Denis Yuryevich Ten
読み方 :デニス・テン

生年月日: 1993年6月13日 
年齢  :25歳 (2018年現在)

身長  :168 cm
体重  :60 kg

出身地 :アルマトイ(カザフスタン)

デニス・テン選手は
カザフスタン出身の朝鮮系カザフスタン人

ひいひいおじいさんが朝鮮の独立運動家、
閔 肯鎬(ミン・ゴンホ)氏なのだそうです

5歳でスケートをはじめ、
9歳のときにロシアで開催された大会で優勝。

11歳でロシア・モスクワに移住し
本格的なスケートの指導を受けます。

17歳で拠点をアメリカ・ロサンゼルスに移し、
2010年にはカザフスタン代表として
バンクーバーオリンピック出場。

2014年のソチオリンピックでは
銅メダルを獲得します。

羽生結弦選手との確執…なんて言われてましたが
それも、和解したようですね。

これからが楽しみな選手だったのに
本当にもったいないです。

暴漢に襲われた原因は?

デニス・テン選手が暴漢に襲われた原因は
何だったのでしょうか。

襲われた場所は、デニス・テン選手の故郷、
カザフスタンのアルマトイだそうです。

ニュースによると、デニス・テン選手は
強盗に襲われて刺殺されたそうです。

男2人組とみられる強盗が、
テン選手の車からミラーを盗もうと試みたのが発端。

口論が次第に激しさを増し、
最後はナイフでテン選手が刺されたという。

朝日新聞デジタルより

車からミラーを盗むって
日本ではまずありえないですよね。

2人組の暴漢は、太ももの上部を刺されたのだそうで、
これはデニス・テン選手がスケート選手だと
知ってのことなのでしょうか。

だとしたら、相当悪質だと思います。

逃げられないように足を狙った、という可能性もありますが
それでもひどいですよね。

カザフスタンは日本から見ると、
ちょうど中国を挟んだ、ヨーロッパ寄りの国。

治安を調べてみると、
渡航は充分注意してください、という地域だそうです。

アマルトイ

外務省 海外安全ホームページより

故郷にメダルをもたらしたスターが、
故郷で刺殺されるなんて悲しすぎます。

sponsored link

犯人は捕まった?

デニス・テン選手を刺殺した犯人は
捕まったのでしょうか?

事件が起きたのは、
日本時間の 2018/7/19 18:00頃のこと。

2人組の男性がテン選手の車のミラーを盗もうとしており、
そこから口論に発展し、
テン選手が刺されたのだそうです。

テン選手は、気絶したままその場に放置されたそうで
その後、通行人により通報され病院へ搬送されたのだとか。

この経緯を読む限り、
犯人は捕まっていないっぽいです。

こんなツイートも見つけました。

 

犯人は逃走中なんですね。

ほんとにひどい話です。

2人組の男がミラーを盗もうとしており、
口論に発展したところを見ていた人と、

刺されて放置されているところを見て
救急車を呼んだ人は違う人なのでしょうね。

しっかり捜査して、捕まえて罪を償わせてほしいです。

 

経歴は?

テン選手の経歴についてしらべてみました。

2014年のソチオリンピックで獲得した
銅メダルが一番有名ですが、

テン選手は2015年 四大陸フィギュアスケート選手権で
男子シングル金メダルを取っています。

その前にも、10代の頃から才能に溢れていて
2008-2009シーズン、JGPゴールデンリンクスで優勝など
華々しい経歴を誇っています。

まとめると、

 

1998年(5歳) スケートを始める
2002年(9歳) ロシアのスケート大会 優勝
2004年(11歳) ロシアへ移住

2008-2009年 JGPゴールデンリンクス 優勝

2009-2010年 世界ジュニア選手権 4位
2009-2010年 世界選手権 8位

2010 – 2011年 ロサンゼルスへ移住
世界選手権 14位

2011-2012年 グランプリシリーズ 5位

2012-2013年 世界選手権 2位

2013-2014年 ソチオリンピック 銅メダル

2014-2015年 世界選手権 3位

2015-2016年 世界選手権 11位

 

ここ数年は怪我に苦しんでいたそうで、
平昌オリンピックでも27位の成績。

海外のニュースサイトによると、

テン選手は公式には引退を発表していないものの、
経済を勉強していることや
映画の脚本を書く計画についてよく話している。

Olympic figure skating medalist Denis Ten killed – NZ Herald

のだそうで、

ひょっとしたら、これも新しいテン選手の経歴になり得たかもしれません。

優れたスターの書く脚本なら、面白いはずです。
その機会が失われてしまったのが悔しいです。

早く犯人が捕まってくれることを祈るばかりです。



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ