宇宙ガラスの作り方動画は?購入方法や値段についても!

宇宙ガラス

今朝の目覚ましTVで特集されていた宇宙ガラスについて、
あまりにきれいだったのでちょっと調べてみることにしました!

どこで買えるのでしょうか。値段はいくら位?
どうやって作るの?など簡単にまとめていきます!

 

sponsored link

宇宙ガラスって何?

宇宙ガラス2

宇宙ガラスは、直径2cmほどのガラス球の中に
宇宙を思わせる螺旋やキラキラと、オパールの惑星を浮かべた
ガラス細工の小宇宙です!

オパールは光のあたり方によってキラキラと色の変わる宝石で
角度によって見え方の表情がいろいろ変わります!

オパール

まさに惑星にピッタリの素材!
光を通すガラスともとっても相性がいいと思います。

この宇宙ガラス、
ガラス工房 +α [プラスアルファ]で作られていて
アクセサリーとしても人気なんだとか!

プラスアルファのギャラリーはこちら

確かに、手の中に小さな宇宙を持っているみたいで
これはとっても欲しい!

若者から大人まで、お洒落なアクセサリーとして
使用できる一品だと思います!

 

作者の戸水賢志さんについて!

宇宙ガラスを作っているのは、
ガラス作家の戸水賢志さん!

戸水賢志

戸水 賢志(とみず さとし)さんは
1980年生まれ、神奈川県出身の35歳!

2008年5月、耐熱ガラスのアクセサリーと出会い、
試行錯誤を重ねて宇宙ガラスを考案したのだとか!

 

戸水賢志2

サングラスが格好いい!

宇宙ガラスは直径2cmのガラスなので、
ガラス工芸の映像でよく見るような、炉は使わず
バーナーでガラスを溶かして作ります!

そのため、サングラスをしているんですね!

戸水さんのその他の作品として、
「花」などがあります。

花

ほんの小さなガラス球の中に
繊細な世界を表現するのって素敵ですよね!

 

sponsored link

宇宙ガラス作り方の動画は!

宇宙ガラスの作り方について、動画を見つけたので
貼ってみます!

作成風景の動画

宇宙ガラスの作り方を簡単にまとめました。

宇宙ガラスは、バーナーでガラスを熱し加工して作ります。

 

まずは、細いガラス棒を熱して伸ばします。

次に、バーナーでガラス棒を炙りながら、
金と銀をガラス棒に巻きつけて螺旋の元とします。

金と銀が吹きつけられたガラス棒が出来たら、
それをくるくる巻いてモンブランのような形にしていきます。
※番組では、その工程は企業秘密になってました・・・。残念。

そのモンブランを熱し、回してまるい形に整えると
なかに螺旋ができていました!

金が多いと白っぽい螺旋に、
銀が多いとブルーがかった螺旋になるようです。

螺旋のある透明な部分が出来たら、
土台の黒いガラスを付けて、中の色を見やすくします。

ここまで出来たら、先端に直径2cmほどのガラスの筒を使い
オパールを入れて、最後にくっつけます。

この宇宙ガラス、螺旋がうまく出ないこともあり
3個に一つは失敗するのだとか。

 

入手方法や値段は?amazonで買える?

一つ一つ手作業で作られている宇宙ガラス!

アクセサリーとしても素敵だと思うのですが、
どこで買えるのでしょうか?

現在、+α(PlusAlpha)の作品はWeb抽選販売と実店舗抽選販売の2箇所のみで取り扱っております。 ※楽天・Yahoo・Amazonなどでも販売しておりません

楽天、Yahoo、amazonでは買えないのですね。

気になる値段ですが。。。

オパールやブラックオパールが使われていることもあり
すっごく高いんじゃないでしょうか?

お値段は、TVで紹介されていたのは
一万数千円、と言われていましたが、

安いものでは12800円くらい、
高いものでも30000円ほどだそうです!

お値段は良心的ですが、
入手は困難みたいですね!

 

手の中の小さな宇宙として話題の「宇宙ガラス」
眺めていると、小さな悩みなんてどうでも良くなってきそうです!

いつか手に入れたい逸品ですね!



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ