藤田麻衣子手紙の歌詞をチェック!熱愛彼氏との結婚はあるの?

ずっと椅子に座っていると
尾てい骨が超痛いです。

また、肩も痛くなってきますよねw

だけど、その痛みが
「頑張ってる」感じで
ちょっと嬉しかったりとか

どMの道が開けてきた気がしますw

以前、カラオケバトルにも出演していた
シンガーソングライターの
藤田麻衣子さんが話題です!

「手紙~愛するあなたへ~」が
ビクターから再発売されるそうで

カラオケバトルからのメジャーって
あり得なくもないのかなって
ちょっとうれしくなりましたw

藤田麻衣子さんについて、
「手紙」の歌詞や
彼女自身の結婚予定など

簡単にしらべてみました♪

sponsored link

藤田麻衣子のプロフィール★

藤田麻衣子1

名前  :藤田 麻衣子
読み方 :ふじた まいこ

生年月日: 1994年 1月6日
年齢  :33歳

身長  :146㎝

出身地 :愛知県名古屋市

カラオケバトルに出ていたときも、
なかなかのちっちゃいぶりだった藤田さん。

今回、結婚式ソングにぴったりの
”手紙”でこんな大きな話題になるとは、

当時番組を見ていても
正直おもいませんでした。

歯科衛生士を経て
シンガーソングライターになった
藤田さんですが、

両親への感謝の歌を聞いて
お父さんもお母さんも
さぞかし喜んでいるでしょうね!

『手紙』の歌詞は?

”手紙”の歌詞について
抜粋しながら読んでみます…。

 

お父さんお母さん
今日まで私を
大切に育ててくれて
ありがとう

お父さん アルバムをめくると
まだ小さな私
あなたが抱いていて

今では白い髪としわが
少し増えたあなた
なんだか切なくて

心配かけたり 叱られたり
いろんなことがあったね
大変な思いばかりさせてごめんね
いつまでも元気でいてね

一番の歌詞からして、
お父さんとお母さんに
すっごく大事にされたんだろうなって
読んでいてわかります。

妹が結婚式で
両親への手紙を読んだのですが

その時も同じように母の愛を振り返って
私もちょっと感動したのを覚えてます。

お母さん 安心する声で
「おかえり」って何度
迎えてくれただろう

あなたが温かいその手で
つくるごはん 何度
一緒に食べただろう

私が生まれた日の日記には
あなたの優しい文字で
「素直で可愛い子に育ってね」と
そんな私に今なれていますか?

親元を離れて暮らすと、
こういう何気ない日常が
一番懐かしく感じますよね。

一緒に過ごしている間は
ちょっと鬱陶しかったりもするけど、

特に、母の手料理とか
母が年を重ねると
台所に立つのが億劫になってしまうので
だんだん食べられなくなるもの。

それを知ってたら、当時の私は
もっと大事に夕食を食べたかもしれませんね。

生んでくれてありがとう
願ってくれてありがとう
叱ってくれてありがとう
信じてくれてありがとう
愛してくれてありがとう
ずっとずっと私の大切な人

産んでくれて、願ってくれてはいいけど、
愛してくれてありがとうって、

肉親以外には、ほんとになかなか
言える言葉じゃないですよね。

お父さんお母さん
愛するあなたへ
この花束を贈ります
大好きだよ

愛されたことは
いつも後から気づきます
ありがとう

このフレーズ、歌の中で
何度も繰り返し出てきているのですが

愛されたことは、あとから気付くって
ほんとにあるあるだなって

36歳にもなるとすごく思います。

これを結婚式で歌われたら
自分が結婚するのでなくても

自分に何かを重ね合わせて
泣いてしまうかもしれませんね。

この歌が作られたのは
4年前の2013年の頃の事。

もしかしたら、兄弟や友達の結婚式のために
書いたものだったかもしれませんねw

sponsored link

結婚予定や彼氏は?

ウェディングソングで話題になった
藤田麻衣子さんですが、

ご自身の結婚予定や
彼氏はいるのでしょうか?

5/31のインタビューでは、

「私も自分の結婚のために歌いたいけど、
そのきざしはないです」

サンケイスポーツ

なんて答えていたようです。

今年の2/24にチェックした限りでは
彼氏らしき影も、
結婚の予定もなさそうでしたが、

こんな歌を歌うってことは
そろそろ結婚もあるかもですよね!

また、人の結婚式の話題に触れたり、
日常的に結婚にかかわることが多いと

自分も、結婚に向けて
徐々に進んでいくものだと思います★

次のカラオケバトル出場の際には、
もしかしたら、結婚報告があったりするかも?と

ちょっと楽しみになってきました♪

 



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ