さくらももこの闘病生活は10年以上!自宅についてや三浦瑠麗との関係は?

実家に帰省してブログを書いてます!

実家でPCを取り出すと、
遊びに来ている姪っ子に絡まれたりするので

なかなか文字が打てません(笑)

今度、代わりになにか書かせてみようかな。

ちびまる子ちゃんの作者、さくらももこさんが
53歳で亡くなりましたが

いつから闘病していたのかが
全く公開されていません。

すごく気になっていたのですが、
ワイドなショーでそのことについてコメントがあったので

簡単にまとめてみました!

 

sponsored link


さくらももこさんについて

さくらももこ2

名前  :さくらももこ

生年月日:1965年5月8日
年齢  :53歳 (2018年現在)

身長  :159 cm
血液型 :A型

出身地 :静岡県静岡市清水区

 

ちびまる子ちゃんの作者、さくらももこさんが
53歳の若さで亡くなりました。

コジコジなどの他のキャラクターもかわいいし、
世界観がシュールで、エッセイも面白く

大好きな漫画家さんだったので寂しいです。

落ち込んだときとか、単純な笑いがほしいときとか
よくさくらももこさんのエッセイを読んでました。

もう、新作が読めないと思うととても残念です。

 

闘病生活は10年以上

乳がんで亡くなったさくらももこさんですが、
闘病生活については、ほとんど公表されていません。

周囲にも内緒にしていたそうで、
ちびまる子ちゃんに出演している声優さんも
訃報を聞いてショックだったとニュースになってますね。

親友の吉本ばななさんには
話をしていたようですが

闘病は知っていましたが、
いつも元気にメールをくれるから回復を信じていました。

産経ニュースより

ごく一部の人間しか、
病気のことは知らなかったみたいです。

いつから闘病していたのか、
調べても情報がほとんどなかったのですが、

今日(9/2)、ワイドなショーで
情報通の長谷川まさ子さんが

情報通

『10年以上闘病生活をしていたそうですが』
コメントしてました。

ニュースを探してみると、
2011年の東日本大震災少し前に
癌が見つかったのだそうです。

病気が発覚したすぐ後に、
東日本大震災(2011年3月11日)が起きた。

Newsポストセブンより

このあと、新聞の4コマ連載を
2周間休んだのだそうです。

40代半ばでのがん発覚後も
治療を続けながら仕事のペースは落ちず、
以前と変わらず穏やかな笑いのある
漫画を描き続けていました。

しかし、近しい人以外には
がん闘病のことは一切明かさず、
病気と向き合っていました。

ということなのですが、
自分のつらい状況を周囲に明かさず、
いつもどおり明るい漫画を書き続けるって
ほんとに強くないとできないことですよね。

ブログを読み返してみましたが、

10年以上闘病生活をしていたとは
とても思えませんでした。

 

sponsored link

三浦瑠麗との関係は?

ワイドなショーで、さくらさんの自宅について
コメンテーターの三浦瑠麗が、
近所に住んでいたことに言及。

三浦瑠麗

ちょっと疑問に思ったのですが、
三浦瑠麗さんの名字も、

さくらももこさんの名字と同じ、
三浦さんですよね。

もしかしたら、親戚の方とかかもしれません?!

うちの実家の方みたいに
親戚ではない同士でも

同じ名字がわんさかいる地域だったのかもしれませんが・・・。

ごく近所に超有名人が住んでるのって
ちょっと凄いですよね。

 

自宅について!

匂いの良い垂れる種類の植物を植えていて、
いい匂いがするご自宅だったそうです。

さくらさんはあまり自宅から出てこなかったそうですが、
本当に時たま外に散歩に出てきたのだそうです。

さくらももこさんがご近所だと知ったのは、
以前そこに住んでいたひとが
さくらさんのご自宅だと知っていたからだとか。

 

 

以上、さくらももこさんの闘病生活についてと
ご自宅についてでした。

 

よかったらこちらもごらんください!

ちびまる子ちゃんパイロット版が全然違う!画像や動画も!

 



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ