今ジャンプ連載中漫画の中でも、群を抜いて面白いのが呪術廻戦!

今期から始まったアニメも絶好調で、毎回すごく楽しみにして見ています。
妖怪、怪異に関するストーリーなので最近の流行りとも言えるのかなって思います。

ということで、呪術廻戦最新刊 13巻の再入荷や在庫状況、ネットでの在庫状況も併せて調べてみました!

 

呪術廻戦とは?

『呪術廻戦』とは現代日本を舞台にした、
人間の負の感情から生まれた存在「呪霊」と闘う「呪術師」を描いたダークファンタジー。

ジャンプ典型のバトル漫画ながらONEPIECEやドラゴンボールのような王道ど真ん中ではなく、
幽遊白書や銀魂のような漫画です

主人公はまっすぐな明るい性格で、天寿を全うして亡くなるなど「正しい死」を望んで行動しています。

鬼滅の刃の主人公、竈門丹次郎もまっすぐで優しい性格。また、どちらもダークファンタジーで鬼や呪物などの人外の敵を倒しながら最終目的に近づいていきます。

不良漫画全盛期だった頃に流行った、少し癖のある主人公達とは全然違いますね。平成、令和を通じて求められるものが変わってきたのかなって思います。

あらすじ

主人公の虎杖は、ずば抜けた身体能力をもつ男子高校生。
学校に眠っていた呪物の封印が解かれ危険な状態に陥った際、オカ研の先輩が拾ってきた両面宿儺(リョウメンスクナ)の指を食べたことにより「宿難の器」となった。

宿儺を身に宿した虎杖はそのまま死刑になるところ、宿儺の指を全て食べてから死刑になることでその身諸共宿儺を封じるとして猶予を与えられた。

虎杖は、都立呪術高専へ入学して呪術師としての生活をスタートさせることになる。

あらすじだけ見ても、期待感溢れる内容ですね。

最新刊が売り切れ!

呪術廻戦最新刊の13巻が、どこにいってもありません!

また、既刊も全滅している本屋さんが多いです。

私も探してみましたがターミナル駅の大きな書店ではもちろん、ちょっと駅から離れた大型書店でも見つかりませんでした。(レンタルコーナーにはありました)

呪術廻戦13巻をamazonで調べてみると、2020年12月7日時点でamazonの持っている在庫はなし。

amazonにはマーケットプレイスという機能があって、amazon以外の業者や利用者が自社在庫、中古の商品を販売しています。

そこでの最安値は1019円(新品)でした。

※もちろん、Kindle版なら定価ですぐ買えます。

→Amazonで呪術廻戦13巻をチェック!

→楽天市場で呪術廻戦13巻をチェック!

楽天市場の場合は、セットで0〜13巻 というような形で出ており13巻単独のものはありませんでした…

いずれ欲しくなっちゃうんだから、セットで買った方がいいのかな?

(ちなみに、価格も結構いい値段してました。)

一冊も既刊を持ってないなら買ってもいいけど、既刊がある人だと一冊読むのに1万円〜というのはちょっときついですよね。

sponsored link

再入荷はいつ?

呪術廻戦 13巻の再入荷はいつになるのでしょうか?

13巻2020年10月2日に発売されましたが、11月下旬くらいにはすでに店頭からなくなっていた気がします。

ジャンプ勢は先を知っているからいいけどコミックス勢は単行本が買えないと先が気になって仕方ないですよね。とは言え、ネタバレは絶対読みたくないし。。。と、葛藤が生まれると思います。

近所の本屋さんで、入荷情報をみましたが、
12/19 に入荷!と書いてあったので、12月下旬頃から再販されるのでは?

本屋さんを要チェック!ですね!

在庫状況は?

呪術廻戦13巻の在庫状況を調べてみましたが、全部は揃っていないところが多いようです。

田舎は狙い目かも?と思って情報を探してみたのですが、場所によっては狩り尽くされているところも。

田舎の大きな本屋には人があまりこないから揃っているかと思いきや、やっぱり売り切れが目立つみたいです。

運がよければ、タイミング次第で買えるところもあったようですね。
この人、めちゃくちゃ羨ましい!です!

最後に、私の最寄り駅では…

  • 駅に直結してるイオンのような大型店舗の書店ではほぼ全滅
  • 駅から離れたTSUTAYAではどの巻も一冊もなし!
  • 駅から少し歩く百貨店上階の書店には結構揃っている!

という結果になりました。

年末までには在庫も落ち着くと思うし、お正月休みにはゆっくり楽しめそうですね!