2020年の芥川賞受賞者が発表されました!

受賞者は、若干21歳の女性、宇佐見りんさん。

推しが炎上するという経験をした1ファンを主人公とした

「推し、燃ゆ」での受賞となりましたが、

かなり現代的なテーマですね。

宇佐見りんさんについて、

大学、高校や家族のことなど、
簡単に調べてみました!

 

sponsored link


宇佐見りんのプロフィール

宇佐見りん

名前  :宇佐見 りん
読み方 :うさみ りん

生年月日:1999年
年齢  :21歳

出身地 :静岡県沼津市生まれ、神奈川県育ち

 

小学校2年生の授業で「小説を書こう」という企画があり
絵から想像して原稿用紙五枚分を書いたのが
宇佐見りんさんの小説家としての始まり。

お母さんからは、この頃から

「小説を書くことは、あなたのライフワークになる」
言われていたそうです。

中学までは、自分と関係のない主人公を設定し
その物語を書いていたけれど

高校生になってから、私小説も書くようになったのだとか。

私小説って恥ずかしくて
なかなかかけないものですが、

日記のような気持ちで書いていたものを
作品に昇華したのかもしれません。

宇佐見りんさんは、中上健次さんの小説がすごく好きで
それまでに出会ったどの作家よりも好きなのだとか。

卒論に選んでしまうくらい好きな作家に出会うって
本当に幸せですよね。

大学はどこ?

宇佐見りんさんの在学中の大学は、
公開されておりませんが…

ヒントを少し見つけました

【宇佐見さんの大学のヒント】

    • 国文学専攻
    • 卒論は、中上健次について書きたい

 

Twitterを探してみると、こんな呟きを見つけました。

慶應大学の方がツイートしているので、
おそらく本当に慶應なんじゃないかと思います。

慶應大学文学部には、国文学専攻があるので
それっぽさが増しますね!

今後情報が出てきたら
追記したいと思います!

sponsored link

高校はどこ?

宇佐見りんさんの出身高校についても、
情報は公開されていませんが・・・

インタビューでは、こんな風に書かれていました

【宇佐見さんの高校のヒント】

  • 合唱部所属
  • 中学時には演劇部に所属したこともある
  • 駅前のカラオケ屋(現在閉店)に通っていた
  • 中高は一貫校で卒業論文を書かなければならなかった
  • バイトOKの高校

 

中高一貫で、卒業論文のある高校
さらに、演劇部・合唱部がある学校・・・

となると、この2校に絞られます。

  • 横浜市立南高校、その附属中学校
  • 神奈川県立平塚中等教育学校

高校の卒論は一万二〇〇〇字以上という
文字数の規定があったそうなのですが

めちゃくちゃガッツリ書かないといけないですね。

高校卒業時に、バイトで貯めた貯金を使って
中上健次氏の小説の聖地、熊野へ旅行に行ったそうなのですが

ということは、バイトOKの高校ですね。

調べてみましたが、

平塚の方はバイトは申告制、
南高校の方はわかりませんでした。

これから先、母校の訪問などで情報が出てきたら、
追記したいと思います。

 

家族について

宇佐見りんさんの家族ですが、

お父さん、お母さんはいるとして、
兄弟がいるのかが気になります。

私小説のようなもの、と言われている
デビュー作「かか」では

主人公の「うーちゃん」には
お姉さんと、弟がいます。

「お姉ちゃんのおまけとして産んだ」と
言われ続ける主人公が
作者の投影なのだとしたら

宇佐見さんにはお兄さんかお姉さんがいる
ことになりますね。

インタビューなどを読んでいると、
長子なのではないかと思ましたが

作品のあらすじをみてみると、
長子に書ける作品ではないような気がしますね。

 

まとめ

  • 大学は慶應大学文学部
  • 高校は横浜市立南高校か神奈川県立平塚中等教育学校
  • ご両親と、おそらくお兄さんかお姉さんがいる

 

あまり情報はありませんでしたが、
これから何かわかれば、追記していきたいと思います!