おいしい梨の選び方やカットの方法は?ブランド別味の違いも!

暑さ寒さも彼岸まで、といいますが、暦の上では秋が近づいてきましたね。
とはいえ気温もまだ高く、夏はまだまだ続きます。

そろそろ梨の美味しい季節になってきました。

目覚ましテレビで紹介されていた、美味しい梨の見分け方と
美味しい切り方がちょっとおもしろかったので

まとめてみることにしました!

sponsored link


美味しい梨の選び方は?

美味しい梨って、どんなふうに選んだらいいのでしょうか?

こんな色、こんな形、とか
みかんみたいにヘタを見たり、とか
スイカみたいに叩いてみたり、とか想像していたのですが、

選び方はとってもシンプル、大きいものを選ぶだけ!

梨は、芯の部分に近づくほど酸っぱく、
周囲は甘い食べ物。

ということは、甘い部分の多い、より大きな梨を選ぶと
美味しいところが多い、ということですね。

うーん、これはわかりやすいですね。

梨の美味しい切り方は?

梨の美味しい切り方が紹介されていて、
それがすごく面白かったので書いておきます!

梨の美味しい切り方は、
芯を入れないように、周辺をカットしていくこと!

梨の美味しい切り方

前述の通り、梨は中央部分が酸っぱくて周辺が甘いのですが
ということは周辺がメインとなるように切れば、
甘い部分を食べられるということですね。

梨の美味しい切り方2

酸味のある部分がお好みなら、
そこを敢えて入れていくのもアクセントになると思います。

ひょっとしたら、おそらくギャグでやったのであろうこの切り方、
理にかなっているのでは・・・?

 

偶然って恐ろしいですね。

sponsored link

梨のブランド別味の違いは?

梨にも色々なブランドがありますが、気になるのは味の違い。

有名ブランド別に味の違いをしらべてみると・・・

 

【幸水(こうすい)】

ジューシーで酸味が少なく甘味が強調された梨。

赤梨といえばこれ!という感じで、生産量も40%を占める梨です。

8月上旬から中旬が一番の旬で、まさに今食べ頃!って感じですね。

 

【豊水(ほうすい)】

こちらもジューシーな、水分の多い梨。

実は幸水よりも糖度が高いのですが、
酸味が目立つためそこまで甘く感じないかも。

甘いけどさっぱりした後味が好き!って方におすすめです。

こちらは、9月に入ってから旬を迎えるみたいですね。

 

 

【二十世紀】

さっぱりした梨で、さりさりした食感の梨です。
あの食感、どう表現してよいのやら少し悩みますよね(笑)

甘み、酸味を含めさっぱりした味です。

こちらは青梨ですね。

旬は9月の上旬から下旬、食べごろが少し遅めの梨ですね。

あきづき(秋月)

こちらは果汁少なめ、しっかり食べごたえのある品種。

酸味が少なく、食感の良い梨です。

参考サイトには、甘みについて書かれていなかったので、
もしかしたら甘みはそんなに無いのかも?

参考:果樹栽培ナビ

 

以上、めざましテレビで見た美味しい梨の切り方、見分け方まとめでした!



sponsored link



最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ